オススメ『ベッド通販』ブラックフライデーセール開催中!

ソファの配置の決め方。必要なスペースはどれくらい?

ソファの配置

ねえ!気に入ったソファを見つけたの!買っちゃおうかな〜

ヨメ

タコノリ

ちょっと待った!購入する前に配置の事を考えた方が良いよ。せっかく買っても配置ができないと大変だからね。
ソファの配置について覚えておきたい3つのこと
・ソファからテレビまでに必要なスペース
・ソファからセンターテーブルまでに必要なスペース
・ソファの配置の種類と特徴

ソファからテレビまでに必要なスペース

ソファの配置

ソファはリビングに置いてくつろぐ為に使うものです。その為リビングにはソファだけでなく、テレビやセンターテーブルを置く事になります。

そこで、まず気を付けたい事はソファとテレビまでのスペース(距離)を確認する事です。

 

テレビから離れてみる距離はテレビの高さの約3倍が目安となります。

32型テレビ 120cm
40型テレビ 150cm
50型テレビ 204cm
60型テレビ 222cm

 

ソファの奥行きをスタンダードサイズの80cmと仮定してご説明します。

32型テレビの場合

32型テレビ ソファまでの距離

32型テレビを置く場合はソファの背面からテレビボードの背面まで183cm前後必要です。

センターテーブルは正面に置いてしまうと足を伸ばせず、窮屈になってしまいます。

テーブルを置きたい場合は小さな丸型のテーブルを置くか、ソファの正面ではなく横側にサイドテーブルを置くといいでしょう。

 

40型テレビの場合

40型テレビ ソファまでの距離

40型テレビを置く場合はソファの背面からテレビボードの背面まで210cm前後必要です。

コンパクトサイズのセンターテーブルなら置く事が可能です。

 

50型テレビの場合

50型テレビ ソファまでの距離

50型テレビはソファの背面からテレビボードの背面まで265cm前後必要です。

長方形のセンターテーブルも置く事ができます。

 

60型テレビの場合

60型テレビ ソファまでの距離

60型テレビの場合、ソファの背面からテレビボードの背面まで285cm以上必要です。

センターテーブルも余裕を持って置けるスペースが生まれます。

 

ソファの配置の種類

ソファの配置にはI型、対面型、L型の3つのスタイルがあります。

I型

ソファの配置

I型はテレビを正面に向けて座る一般的な配置です。基本的に2人がけ、3人がけソファを置いてレイアウトします。

2人がけは座った時に体が近くなる為、お互いに親密感が出る距離感になります。

その為1人暮らしや夫婦だけのプライベートリビングに向いています。

3人がけなどサイズを大きくする事でファミリーで使用する事もできます。

 

対面型

ソファの配置

対面型は向かい合って座る為、オフィスの応接室で商談するようなスタイル。

動線も含めると、幅は4メートル以上のスペースが必要になりますが、3人がけソファを壁づけにして、1人がけソファをスツールにする事でスペースをコンパクトに収める事ができます。

 

L型

ソファの配置

L型の配置は座った時のお互いの顔が正面になく自然な姿勢で会話ができます。

サイドテーブルは置かずにコーナーに壁づけすれば視線も広がって開放感も得られます。

 

ソファとセンターテーブルの間に必要なスペース

ソファの配置

ソファの座面までの高さが35cm程度の場合、センターテーブルとの間は45~50cmあける事で足を組んだり、伸ばしてもテーブルの天板に足があたる事はありません。

座面が42cm程あるダイニングチェアくらいの高さがある場合、35~45cmほどの間隔をあければ問題ありません。

 

まとめ

ソファを購入する時はデザインや座り心地だけでなく、置いた時に必要となるスペースを確保できるかも事前に確認しておきましょう。

 

LOWYAは北欧、ナチュラル、モダンなどのスタイルを中心にカラーやサイズバリエーションも豊富にあるので、お部屋にマッチするソファがきっと見つかりますよ!

オシャレな家具・インテリア『ロウヤ』の公式サイトはこちら

 

安くてオシャレな家具通販をお探しならこちらもご参考に!

安くてオシャレな家具通販【オシャレで安い】オススメの家具通販を家具のプロが厳選!