『オススメベッド通販』当サイト限定クーポン発行中!

ジェネリック家具とは?オリジナルとの違いについて説明します。

ジェネリック家具とは何か?特徴やオリジナルとの違いについて説明します。

ジェネリックという言葉をご存知でしょうか?病院や薬局でお薬を処方された事のある方は耳にした事があるかもしれません。薬を開発するのには莫大な開発費用が掛かります。そして特許出願後に新薬として発売されますが独占販売できるのは約5〜10年。ジェネリックとは独占的販売期間終了後に別の会社から発売される商品の事。その為、オリジナル商品より低価格である事が特徴です。

では家具の場合はどうでしょうか?
それでは見ていきましょう。

意匠権と著作権について

家具の場合、オリジナル商品の意匠権の保護期間は特許庁への登録から20〜25年。この期間を経過すると例えよく似たコピー商品が出回ったとしてもデザイナー側は訴える事が出来ません。但し著作権として認められる場合になるとデザイナーの死後70年は保護されます。

要するにジェネリック家具とは意匠権としての保護期間を過ぎた商品をオリジナルブランドとは関係のない別会社がオリジナルのデザインを再現した商品のことを指します。

オリジナルとの違いについて

個人的に椅子に触れる機会が多いので椅子にフォーカスしてみてみましょう。恐らくジェネリックとして最も市場に流通しているのではないかというイームズのシェルチェア。

ネットでイームズ シェルチェアと検索したら写真のように普通にジェネリックが出てきます。画像だけでは本物と判別つきません。
価格はオリジナルの1/10程度から売っています。安いと1脚2,000円台から。安いですね・・

ジェネリック家具はなんでこんなに安い?

なぜこんなに安いのか?それには3つの理由があります。

ジェネリック家具が安い理由
・開発費用と開発時間が掛かっていない。
・中国の安い工場で大量生産している。
・自社仕入れ自社小売を行い中間マージンが掛からない。

家具を作るのには莫大な時間と費用が掛かります。特にイスを作る時は何度もトライアンドエラーを繰り返し、通常だと発売するまでに約2年は掛かります。ジェネリック家具はこの手間がありません。

中国の安い工場で大量生産されている点も大きいです。人件費や材料費が安い中国の工場で作ればかなり原価を抑えて生産する事ができます。

流通上、安くできる仕組みにもなっています。国内で販売している業者やネットショップ屋さんが中国の工場からコンテナで買い付け、自社店舗で小売りをする。メーカーのように卸業者との間の中間マージンも発生しないので小売価格を抑える事ができます。

ジェネリック家具の品質はどうなのか?

同じデザインのジェネリック家具でも価格の幅は広く3,000円を切るものもあれば10,000円以上のものもあります。価格が安ければ安いほど見た目がイマイチだったり壊れやすかったりします。

質の悪いジェネリック家具だとすぐにビスが緩んだり、部品が壊れて下手すると怪我もしかねないので注意が必要です。

ジェネリック家具は良いの?悪いの?

予算に余裕があればオリジナルを購入すべきです。でも私個人的な意見ですがジェネリック家具を購入しても全く問題ないと思います。むしろオリジナルを購入するには価格面でハードルが高く中々手に入れにくいけど、ジェネリック家具なら1/10程度の価格で購入でき、インテリアとして十分に通用しますので。

 

まとめ

インターネットでジェネリック家具を購入する際、品質の見極めをするのは難しいですが、サイト上でサイズや材質、機能をなるべく丁寧に説明しているショップから購入する事をお勧めします。ジェネリック家具といえど商品によって、数千円台〜何十万円まで存在します。安さだけを全面に出して商品説明が少ないサイトの商品は購入後に痛い目に遭う可能性もありますので注意しましょう。

確かにオリジナルは素晴らしいです。しかし予算的に中々手が出せない人が多いのも事実です。うまくジェネリック家具を取り入れる事で空間を素敵に演出する事もできます。

イーコンフォートのジェネリック家具の評価は?オススメポイント調査!