コタツのシーズン到来!家具コンパスがオススメを厳選

家具レンタルの仕組みとメリットは?こんな方にオススメです

家具レンタル

家具は買うより『借りる』時代が到来。

こんなニュースを雑誌やインターネットでよく見かけるようになりました。

こういった家具のレンタルサービスは10年以上前から存在していた事を私自身知っていましたが、これまでは個人向けではなくどちらかというと法人向けのレンタルが主流でした。

ところが最近は個人でも車やバッグ、高級時計なども借りることができ、その波に乗るかのように続々と個人向けの家具をレンタルできる企業が登場。

「家具をレンタルする」というのは今の日本にはまだあまり馴染みがないかもしれませんが、使い方によってはとても便利。

この記事で分かること
・家具レンタルの仕組みと特徴
・家具レンタルがオススメの人
・メリット、デメリット
・注目の家具レンタル会社

家具レンタルの仕組みと特徴について

家具レンタルの仕組みとしては下記の通りです。

1
レンタル会社が家具を仕入れ
レンタル会社が家具メーカーから家具を仕入れて在庫します。
2
レンタル会社が会員に貸し出し。
会員の借りたい期間に応じて家具を貸し出しします。
3
貸出期間終了後、家具は返却。
会員はレンタル期間満了時にレンタル会社へ家具を返却します。
4
返却された家具は在庫として復帰
レンタル会社は返却された家具を再利用できるようにメンテナンスして在庫に戻します。
5
メンテナンスされた家具は再度レンタル品として利用。
レンタル会社は会員の借りたい期間に応じてメンテナンスされた家具を貸し出しします。

こういったサイクルを繰り返す事でレンタル会社は利益を上げていくという仕組みです。

家具レンタルの特徴としては、仕組み(上の図)でお分かり頂ける通り、必ずしも新品を借りられる訳ではありません。

しかし借りる側としては初期費用を抑えられるため、新品を購入するより安く家具を調達できます。

家具レンタルはこんな方にオススメ

家具レンタルはこんな方にオススメ
・引越しが多い、単身赴任の予定がある
・生活スタイルがよく変わる
・高級家具を使ってみたい

家具レンタルで一番メリットが多いのは『引っ越しが多い』『単身赴任の予定がある』方。

家具は一度購入すると中々買い替えません。引っ越しの時も家具はサイズが大きいものが多いので大変です。

しかし家具レンタルなら必要な期間だけ借りて、不要のタイミングで返却すればいいだけ。

身軽に動けるので当然引っ越しがラクな上、引っ越し業者の見積もりも安く済みます。

飽き性の方は家具を購入して同じものを長く使うというより、飽きたら交換できるレンタルの仕組みを上手く利用することでお部屋の変化を楽しめるでしょう。

レンタル会社によっては高級家具をレンタルできるサービスもあります。

購入するとなると高額で中々手が出せない家具をレンタルで気軽に借りてみるのも良いですね。

特に高級な椅子はしばらく使ってみて、座り心地を確認し納得してから購入するという利用もオススメです。

最近では大塚家具の高級家具をレンタルすることもできます。

家具をレンタルするメリットとデメリット

メリット

メリットその1:新品を購入するより初期費用が安い。

家具の種類にもよりますが、新品を購入する価格の1/10~1/20程度でレンタルできるのが最大のメリット。

テーブル・椅子・ソファなどは、まとめて購入しようとするとそれなりにお金を準備しないといけません。

新品で家具一式10万円するところ、レンタルであれば1~2万円〜で借りることが可能なわけです。

 

メリットその2:配送や組み立て、設置の手間が掛からない。残材処理の必要もない。

一般的には家具を購入する場合、自分で家具を組み立てしなければいけません。

特に収納系の家具は組み立てが大変なものが多く、かなりの労力を費やします。

また、組み立てが終わった後の残材(ダンボールや発泡スチロールなど)も多く、処分も面倒です。

しかし家具レンタルの場合、配送〜設置まですべてレンタル会社で行ってくるので、組み立ての手間や労力が一切かかりません。また残材などのゴミも出ません。

メリットその3:汚したり壊したりしてもそこまで気にせずに済む。

自分の所有している家具だと汚れや破損した時にどうしても気になります。

でもレンタルの場合だとそこまで気にせずに済みます。

なぜならまた交換することが可能だからです。

一度購入した家具の場合は簡単に交換するなんてことは難しいですよね。

こういった面からも家具レンタルは気軽に利用できるというメリットがあります。

しかし故意に汚したり破損させたりするのはNGですのでご注意を。

デメリット

家具レンタルのデメリット

長く借りれば借りるほど、結果的に購入するよりも割高になる場合があるので注意が必要です。

定期的に交換して新たな家具を楽しむスタイルなら問題ありませんが、コストを重視したい方で長期間に渡りレンタルする予定なら、購入する場合の価格と比較してみた方が良いでしょう。

またホームページで気に入った家具がありレンタルしようとしても、同じものがレンタルできなかったりする場合があります。

こういった場合は別の家具を探すか、レンタル会社に類似品を提案してもらう方法もあります。

MEMO
・家具レンタルの魅力は手軽さも見逃せないポイント。ライフステージに合わせて柔軟に家具を変化させれるのは「レンタル」ならでは。

注目の家具レンタル会社2社をご紹介。

CLAS

最低レンタル期間 3ヶ月以上〜無制限
組み立て設置 有料
購入 不可
レンタル可能地域 東京、埼玉、神奈川、千葉、大阪、京都、兵庫

CLASの特徴はデザイン家具が豊富なところです。

インダストリアル、ナチュラルモダン、カフェ風などお部屋をオシャレにコーディネートしたい方にオススメです。

デザインチェアと相性の良いテーブルも用意されているのでセットでレンタルできるところも良いですね。

家電も種類が豊富で、家具と併せてレンタルできます。

センスの良い家具を中心のセレクトしているので、お部屋丸ごとオシャレにコーディネートできるでしょう。

家具・家電レンタル「CLAS」

airRoom

最低レンタル期間 3ヶ月以上〜無制限
組み立て設置 無料
購入 可能
レンタル可能地域 東京、埼玉、神奈川、千葉、茨城、群馬

エアルームの特徴は専門のコーディネーターがいて、お部屋をどんな感じにしようか相談に乗ってくれるところ。

ホームページもお部屋のセット事例がたくさん掲載されており、気に入ったらそのままのセットで借りることができます。

自分の部屋をオシャレにしたいけどコーディネートを考えるのが面倒な方には嬉しいサービスです。

 

airRoom公式サイトはこちら

まとめ

家具レンタルはメリットもありますが、デメリットがあるのも否めません。

家具をレンタルするのであれば、まずは借りる期間で総額いくらになるかを計算してみましょう。

結果的に購入するより高くなってしまう場合は、正直借りるメリットはありません。

しかし、引っ越しや一定期間だけ別の地域で住むことになる場合などは不要になった時点で気軽に手放せるのが魅力。

短期間しか使用しない、あるいは生活スタイルの変化が多い方は「家具レンタル」を試してみる価値はありでしょう。

関連記事
大塚家具の家具がレンタルできる!借りるメリットと特徴は?

1人暮らしに必要な家具と正しい選び方を徹底解説

同棲を始める前に!必要な家具の選び方と仲良く準備するコツ