【レビュー】エアウィーブマットレスの寝心地と評判を徹底解説

【レビュー】エアウィーブマットレスの寝心地と評判を徹底解説

airweave(エアウィーブ)にはマットレスパッドをはじめ、敷き布団や折り畳みマットレスなどさまざまな寝具を販売しています。

本記事では『エアウィーブマットレス』の寝心地や評判について、徹底解説します。

筆者プロフィール
・家具業界で働く現役の家具マーケター。家庭用家具、オフィス家具を中心にセールス、企画開発を行う。特に『椅子』に詳しい。詳細プロフィールはこちら

エアウィーブマットレスの種類

エアウィーブマットレスには『ベッドマットレス』『マットレスパッド』『折り畳みマットレス』『敷き布団』の4種類あります。

サイズと価格を見ていきましょう。

ベッドマットレス

モデル S01 S02 S03 S04
サイズ シングル
セミダブル
ダブル
クイーン
シングル
セミダブル
ダブル
クイーン
シングル
セミダブル
ダブル
クイーン
キング
シングル
セミダブル
ダブル
クイーン
キング
価格 99,000円~
143,000円
132,000円~
187,000円
176,000円~
286,000円
220,000円~
396,000円
厚み 本体18cm
エアファイバー15cm
本体21cm
エアファイバー18cm
本体25cm
エアファイバー20cm
本体25cm
エアファイバー20cm
硬さ
全面標準の硬さ

全面標準の硬さ

頭部:ソフト
腰部:ハード
足部:ソフト
入れ替え可能

頭部:ややソフト
腰部:硬め
足部:標準
入れ替え可能

ベッドマットレスは代表的なモデルでS01~S04があります。

中材に使われているエアファイバーはどのモデルでもすべて同じ。

S03、S04のみキングサイズも展開しています。

MEMO
S01でも良質な寝心地ですが、より良い寝心地を求めるならS03、S04が自分に合う寝心地に調節できるのでおすすめです

 

 

ベッドマットレスを『エアウィーブ公式ストア』で見てみる

マットレスパッド

モデル エアウィーブ S-LINE スマート01
サイズ シングル
セミダブル
ダブル
クイーン
キング
シングル
セミダブル
ダブル
クイーン
キング
シングル
セミダブル
ダブル
価格 66,000円~
118,000円
101,200円~
182,600円
35,200円~
49,280円
厚み 本体:6cm
エアファイバー:3.5cm
本体:7cm
エアファイバー:4.5cm
本体:4cm
エアファイバー:3cm
硬さ
緑:標準 黄色:柔らかめ

緑:標準 青:硬め 黄色:柔らかめ
全面標準の硬さ

エアウィーブの代表格ともいえるシリーズが、この『マットレスパッド』シリーズです。

これさえあれば、自宅で使っている寝具の寝心地を簡単にグレードアップできます。

エントリーモデルは『スマート01』でエアウィーブのマットレスの中で、もっとも安い商品です。

マットレスパッドは人気商品のため、他寝具メーカーや企業などとコラボした商品の展開も行っています。

これらの他に、高級ホテル リッツパリで使用されているモデルリッツモデルや子供用のキッズもあります。

 

マットレスパッドを『エアウィーブ公式ストア』で見てみる

折り畳みマットレス

モデル Z-01
サイズ シングル
セミダブル
ダブル
価格 66,000円~92,400円
厚み 本体:9cm
エアファイバー:8cm
硬さ
全面標準の硬さ

折り畳みマットレスは、マットレスパッドと違い畳やフローリングに直に置いて使用できます。

朝起きたら折り畳んで収納できるのもメリットです。

 

折り畳みマットレスを『エアウィーブ公式ストア』で見てみる

敷き布団

モデル 四季布団 四季布団 和匠 四季布団 和匠 二重奏
サイズ シングル
シングルロング
セミダブル
ダブル
シングル
シングルロング
セミダブル
ダブル
シングル
シングルロング
セミダブル
ダブル
価格 99,000円~
138,600円
143,000円~
200,200円
220,000円~
308,000円
厚み 本体:8cm
エアファイバー:4.5cm
本体:8cm
エアファイバー:5cm
本体:9cm
エアファイバー:5cm
硬さ
全面標準の硬さ

緑:標準 青:硬め 黄色:柔らかめ

エアウィーブの敷布団は全3種類あり、石川県和倉温泉「加賀屋」でも導入されています。

中材は同じエアファイバーですが、カバーが表面と裏面の仕様が異なり季節に応じて使い分けができるのが特徴です。

 

敷き布団を『エアウィーブ公式ストア』で見てみる

エアウィーブの特徴

エアウィーブの最大の特徴は中材で使われている『エアファイバー』にあります。

エアファイバーはエアウィーブすべての商品に採用されていて、この性能がすべてを物語っているといっても過言ではありません。

エアファイバーとは?

『エアファイバー』とはエアウィーブの独自技術によって、極細のチューブを編み込んで作られたものです。

エアウィーブすべてのマットレスで、このエアファイバーが使われています。

素材自体は柔らかいですが、厚みや編み込みの密度によって硬さが変わる特性があります。

空気の層が多いため、通気性に優れているのも特徴のひとつ。

ウレタンマットレスと違い、丸い洗いできるので清潔に保てるのもメリットです。

MEMO
「エアファイバー」「airfiber」はエアウィーブの商標のため、他社が同じ名称を使うことはできません

 

形状

近くで見ると、ファイバー(繊維)を絡めるように編み込んでいることが確認できます。

手でほぐそうとしてみましたが、簡単にはほぐせません。

端をつまんで強く引っ張ればちぎれますが、普通に使っていればちぎれることはありません。

“タコノリ”

端が弱く、ちぎれやすいという意見もありますが、普通に使っている分にはちぎれません。

硬さ

エアファイバーの硬さは標準、硬め、柔らかめの3種類。

もっとも安いエントリーモデルは全面が『標準』の硬さでできています。

エアウィーブで標準と記載されている硬さは、筆者が体感したところによると、普通というよりやや硬めの印象。

手触りはツヤがあり、滑りません。

反発力

硬式ボールを70cmくらいの高さから落としてみました。

反発力が高いため何度も跳ね上がります。

身体の動きに合わせてエアウィーブが柔軟に動き、寝返りしやすいのは、この反発力があってこそですね。

エアウィーブのメリット・デメリット

メリット

  • 体圧分散に優れる
  • 寝返りしやすい
  •  カバー、中材が丸洗いできるので清潔に保てる
  • 通気性がよく、カビが発生しにくい
  •  腰あたりが楽

 

エアウィーブ最大のメリットは、身体にフィットしやすく体圧分散に優れている点です。

中材(エアファイバー)の復元性が高く、寝返りしやすいのも大きなポイント。

“タコノリ”

寝ている間に20~30回寝返りすると言われています。そう考えると寝返りのしやすさは大切なポイントですね。

デメリット

  • 冬場は寝室の環境によって寒く感じることがある
  •  価格が少し高め
  •  小さな子供はおねしょ対策が必要
  • 長期使用で変形する可能性がある

エアウィーブマットレスの保証年数と耐久性

保証年数

エアウィーブの保証年数はマットレスの場合、シリーズに関係なく3年保証が付いています。

MEMO
・マットレスの平均保証年数は1年~5年。安いものは保証なし、長いもので10年程度です

耐久性

耐久性
・コイルマットレスに比べると耐久性は劣る
・経年劣化により腰、肩あたりのエアファイバーが変形してくる
・体重が重い人ほど劣化が早い

エアウィーブは耐久性が低いということはありませんが、コイルマットレスに比べるとやや劣ります。

使用する上で一番懸念すべきことは『エアファイバー』の変形(へたり)です。

横になって寝たときの肩あたり、腰あたりは荷重がかかりやすくエアファイバーが変形しやすい部分ともいえます。

ただし、耐久年数は使う人の体重によって変わる可能性は十分あるでしょう。

ちなみに筆者の父(男性:体重70Kg)がエアウィーブスマートを布団の上に敷いて使用していますが、2年経過した現時点では変形はまったく見受けられません。

“タコノリ”

中材(エアファイバー)変形のリスクはあるとはいえ、保証が3年付いているので安心です。

エアウィーブはこんな方におすすめ

こんな方におすすめ
・使っている布団やマットレスの寝心地を改善したい
・中~軽度の腰痛持ち
・寝汗をよくかく

まず第一に、エアウィーブは使っている布団やマットレスの寝心地を改善したい方におすすめです。

マットレスパッドを追加するだけで、寝心地が劇的に変わることを体感できるでしょう。

腰に不安を抱えている方に高い評価が多く安心して使えるのも、おすすめポイントのひとつです。

 

エアウィーブを単体で使いたい場合は、敷き布団・折り畳みマットレス・ベッドマットレスを選ぶことになります。

正直値段は高めですが予算が許すならば、単体で使えるタイプを検討しましょう。

“タコノリ”

マットレスパッドは他社比較不要なほど優秀な商品で、手が届きやすい値段です。
しかしベッドマットレスの場合は値段が一気に高くなるので、他メーカーのマットレスと比較してみた方がいいでしょう。

エアウィーブが向かない人っている?

エアウィーブは以下の人には向かない可能性があります。

  •  極度の冷え性
  • ソフトな寝心地が好み
  •  安さ重視
  • 末長く(10年)使いたい
  •  約80Kg以上

エアウィーブは通気性が良く夏は快適です。

しかし冬は通気性が優れている分、冷え込みが厳しい部屋での使用は不向きといえます。

また、湯たんぽや電気あんかはエアファイバーが熱で変形する可能性もあるため、こういった器具を使わないと寝れないくらいの冷え性の方には不向きです。

耐荷重についてエアウィーブ公式サイトで説明はありませんが、体重が重いほどエアファイバーが変形するリスクが高くなります。

購入者の口コミ

マットレスパッドの口コミ

この度、2週間ほど入院することになり、なかなか寝付けないため、職場で使用している仮眠用の
エアウィーブシングルをお借りして利用したところ、ぐっすり眠ることができました。 退院後、早速、エアウィーブスマート01シングルを購入しました。

使い始めは少し固いかと思いましたが、しばらくすると慣れ、今は毎晩快適です。仰向けで寝ても腰が深く沈まないので、腰痛がなくなりました。まだ冬にしか使っていませんが、厚い布団を掛けても蒸れは感じません。次はベッドマットレスも欲しくなってしまいました。買い替えのときに全てのマットの引き取りをしてもらえると、次回の購買に繋がると思います。高価ですが思い切って買って良かったと思います。

 

マットレスパッドの口コミをもっと見てみる

 

ベッドマットレスの口コミ

 

腕、手指の痺れ、痛みに長年悩まされてきたが、使い始めてから1週間も経たない内に殆ど解消しました。感激です。それまでに掛かった整形外科、整体の苦労は何だったのか?素晴らしい製品です。

質のよい睡眠ができます。首痛、腰痛も緩和できます。

ベッドマットを買い替えるにあたり、色々検討したのですが、最終的にこちらを購入しました。価格はそれなりにしますが、肩こりや腰痛も軽減しました。

 

ベッドマットレスの口コミをもっと見てみる

 

折りたたみマットレス

ぐっすり眠れます。 本当に疲れがとれます。

昨年末より使用していますが、腰痛が改善し腰が痛い思いがかなり改善しました。
普通は、畳にマットレスを敷いて寝ていましたが、折り畳みが簡単なタイプのため、毎日片づけが簡単です。ただ、若干重いのが難点ですが、非常に良いと思います。
某ショッピングモールで実際に試してみて、販売員の方からで枕もセットの方がよいとのことで、ネット購入しましたが、とても相性がよく重宝しています。別なタイプも今後検討したいと考えております。

エアウィーヴの前は、トルースリーパーを10年以上使用
していました。
3代目を検討中に、エアウィーヴに変更しました。
どちらも快適です。
エアウィーヴはたたむとき、重たいのが難点です。

 

折り畳みマットレスの口コミをもっと見てみる

 

敷き布団

朝起きた時の体の軽さにびっくりしました。肩の緊張が減り、寝返りがしやすくなりました。購入して良かったです!!

6時間以上寝るとどうしても起こってくる腰痛については期待したほどではなかったのですが、腰痛の程度はある一定の痛さ以上にはならないらしく、6時間を過ぎても寝れるようになったことはビックリです。結果としてこの買い物は正解だったと思います。ありがとうございました。

寝つきが,良くなったような気がします。寝返りも楽です。寝返りしたときに音が少しするので,はじめのうちは気になりました。でも,前の布団のときより深く眠れている感じがします。気にならずに寝ています。

 

敷き布団の口コミをもっと見てみる

エアウィーブの導入実績

エアウィーブは、個人以外でもホテルや飛行機など幅広い分野で使用されています。

ホテル

  •  リッツ・パリ
  • ザ・リッツカールトン東京
  • ANAクラウンプラザホテル
  • 湯布院「玉の湯」
  • 石川県和倉温泉「加賀屋」
  •  他多数

 

アスリート

  •  浅田真央(フィギアスケート選手)
  • 錦織圭(プロテニスプレイヤー)
  • 田村優(プロラグビー選手)
  •  他多数

 

その他

JAL国際線のファーストクラスでも、エアウィーブマットレスパッドが導入されています。

2020年オリンピックにおいて日本選手団をサポートするため、オリンピック委員会へマットレスパッドを600枚寄贈したことも話題になりました。

 

エアウィーブを安く買う方法はある?

エアウィーブは公式ストア以外に、楽天市場などモールでも購入することができます。

残念ながら価格はどこで購入しても同じです。特別安く買えるショップはありません。

少しでもお得に買いたいなら、楽天市場やアマゾンなどでポイントを利用することをおすすめします。

もし寝心地に不安がある方は公式ストア、エアウィーブ楽天市場から購入しましょう。

寝心地が気に入らない場合、30日間以内なら返品・返金してもらえます。

 

エアウィーブ公式サイトはこちら

エアウィーブ楽天市場店はこちら

 

まとめ:個人的にはやっぱり・・

エアウィーブにはさまざまなタイプのマットレスがありますが、筆者の感想としては『マットレスパッド』は本当におすすめできる。といったところですね。

1枚足すだけで、使っている寝具の寝心地を改善できるのは画期的といえるでしょう。

実際に2日間だけ布団の上にマットレスパッドを敷いて寝てみましたが、快適でした。

しかし、ベッドマットレスのようなクラスは有名ブランドの高級マットレスも買える価格帯になります。

マットレスパッド、折り畳みマットレス以外の商品は他とも比較しながら吟味した方がいいかもしれませんね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

関連記事

エマ・マットレス 【レビュー】エマ・マットレスの寝心地と評判を徹底解説

ぐっすり寝たい人必見!ドイツ生まれのエマ・マットレスが高評価の理由

【家具マーケター厳選】通販でも安心。人気のおすすめマットレス12選