【家具マーケター厳選】小柄な方にオススメのショート丈ベッドはコレ

ショート ベッド オススメ

ベッドは大きければ大きいほど良いと思っていませんか?

確かにベッドは大きいとゆったり寝れて快適ですが、必要以上に大きいサイズを選ぶ必要もありません。

ベッドはマットレスの長さの標準が195cm、ロング丈で215cmが一般的です。

そしてショート丈はもっとも短く180cm。

もし身長が160cm以下の方が使うのであれば、長さが短いショート丈の『ショートベッド』を選択肢に入れることをオススメします。理由は後ほど。

筆者プロフィール
・家具業界で働く現役の家具マーケター。家庭用家具、オフィス家具を中心にセールス、企画開発を行う。特に『椅子』に詳しい。詳細プロフィールはこちら

小柄な方にショート丈ベッドがオススメの理由

ショート丈のベッドは身長160cm以下の方であれば問題なく使うことができます。

ショート丈のベッドを選ぶことで得られるメリットは2つ。

ショート丈のメリット
・長さが短い分、狭い部屋にも配置しやすい
・標準サイズに比べて搬入〜搬出がしやすい

小柄 ベッド オススメ

ショート丈はマットレスの部分で長さが180cm。標準サイズより15cm短かくなります。

長さが短い分、外寸も短くなるので狭い部屋やワンルームにも設置しやすいメリットがあります。

“タコノリ”

ショートサイズは身長160cm以下でないと窮屈ですが、狭い部屋でも配置しやすく空間を有効活用できます。

ショート丈ベッドは狭い部屋にも最適

ショート丈ベッドは長さが短い分、狭い部屋にも配置しやすく動線も確保しやすくなります。

ヘッドボードがない、全長180cmのショート丈ベッドを5畳の部屋に置くと仮定して、通常サイズと比較してみましょう。

 

ベッド ショート丈 オススメ

上図は標準サイズ(195cm)のベッドを配置した場合。動線は狭く、クローゼットの荷物も取り出しにくい状態です。

 

小柄 ベッド オススメ

こちらがショート丈(180cm)を配置した場合。標準サイズより15cm短いのでスッキリとして動線を確保しやすく、クローゼットから荷物も取り出しやすくなります。

MEMO
・ショート丈サイズのベッドは標準より15cm短い
・動線が確保しやすくなる

ショート丈ベッドのメリット・デメリット

ショート丈 ベッド

ショート丈ベッドのメリット

・ベッドの丈が短い分、部屋を広く使える

・引っ越し時の搬入、搬出が標準サイズに比べて楽

ショート丈ベッドのデメリット

・身長160cm以上の場合は窮屈

・種類が少ない

ショート丈ベッドのマットレスはどうする?

ショート丈 ベッド

ショート丈ベッドは種類が少ないため、専用のマットレスも標準サイズに比べて圧倒的に少ないです。

基本的にショート丈のベッドフレームを販売しているショップであれば、専用のマットレスも販売しているので、セットで購入するのもアリです。

ショート丈マットレスの選び方
・サイズは長さ180cmのものを選ぶ
・ベッドフレームの幅に合うものを選ぶ

 

小柄な方に最適なショートベッド10選!

コスパ抜群のマットレスショートベッド

安さで選ぶならコレ!

ショート丈 ベッド オススメ

サイズ 幅95 長さ180 高さ40cm
材質 中材:ボンネルコイル
価格 11,800円
メーカー ベストバリュースタイル
ココがオススメ!
・値段が安い
・マットレスを別で購入する必要がない

マットレスとベッドフレームが一体型になったショートベッド。

このベッドの魅力は価格の安さ。

マットレスを別で用意する必要がなく、このベッドを購入すればすぐに使うことができます。

高さが40cmで、椅子と同じくらい。その為、立ち上がりや横になる時の動作が楽に行えるメリットもあります。

 

このベッドを『ベストバリュースタイル』で見てみる

 

 

爽やかなデザインが魅力のショートベッド

ショート丈 ベッド オススメ

サイズ(外寸) 幅84 長さ194 高さ82cm
材質 パイン材
価格 フレームのみ:20,800円
マットレス付き:37,800円
メーカー ベストバリュースタイル
ココがオススメ!
・カントリー調でかわいいデザイン
・床板の下に荷物を収納できる
・棚、電源コンセント付き

カントリー調の爽やかなデザインで女性のお部屋にもオススメのベッドです。

床板はすのこ状で、湿気がこもりにくくカビが発生しにくい仕様。

床板の下には荷物を収納することができるので、狭い部屋に置いても収納スペースをしっかり確保できます。

ヘッドボードには棚板があり、電源コンセント付きなのでスマホの充電にも便利ですね。

マットレスもオプションで用意されています。

 

このベッドを『ベストバリュースタイル』で見てみる

 

たっぷり収納できるショートベッド

ショート丈 ベッド オススメ

サイズ(外寸) 幅98 長さ190 高さ44cm
材質 パイン材
価格 フレームのみ:68,800円
マットレス付き:86,800円
メーカー ベストバリュースタイル
ココがオススメ!
・収納部が広く荷物をたっぷり収納できる
・低ホルムアルデヒドF☆☆☆☆で空気を汚しにくい
・日本製

たっぷり荷物を収納したい方にオススメのベッド。床板の下に大きいキャリーバッグやゴルフバッグなどが余裕で収まります。

部屋の収納スペースが足らずに困っている方にとても便利ですが、高さがある分マットレスを置くと50cmを超える場合がある点は注意が必要です。布団を敷いて使うなら気にはならないでしょう。

 

同じシリーズで浅型タイプも販売しているので高さが気になる方はチェックしてみてください。

日本製で低ホルム仕様なので、小さな子供と同じ部屋で寝る場合にも安心のベッドです。

 

このベッドを『ベストバリュースタイル』で見てみる

 

使い勝手、コスパ抜群のショートベッド

ベッド ショート丈 オススメ

サイズ(外寸) 幅97 長さ180 高さ31.5cm
材質 パイン材
価格 マットレス付き:25,200円
メーカー ネルコ
ココがオススメ!
・耐荷重350Kg
・湿気がこもらない
・高さを4段階に調節できる

床板の補強桟の厚みが3cmもある、かなり頑丈なベッドです。耐荷重はなんと350Kg。

高さは好みに応じて4段階に変える事ができます。

このベッドは日本最大級のベッド通販『ネルコ』オリジナル商品で人気のあるベッドです。

 

このベッドを『ネルコ』で見てみる

 

部屋を有効活用できるショートロフトベッド

ショート丈 ベッド オススメ

サイズ(外寸) 幅103.5 長さ201 高さ120cm
材質 パイン材
価格 26,510円
メーカー ネルコ
ココがオススメ!
・天然木(パイン材)で優しい雰囲気
・床板下の空間を有効活用できる
・棚板、電源コンセント付き

床板下の空間を有効活用できるロフトベッド。頑丈な作り、落下防止の為の高さのあるサイドフレーム付きなので使用面でも安心です。

ロフトベッドは高さがある分、部屋に圧迫感をもたらしますが使い方次第で居心地の良い部屋にすることができます。

 

このベッドを『ネルコ』で見てみる

 

安心強度のショートスチールパイプベッド

ショート丈 ベッド オススメ

サイズ(外寸) 幅95 長さ180 高さ29.5cm
材質 スチール
価格 8,790円 
メーカー ネルコ
ココがオススメ!
・スチール製で頑丈な設計
・湿気がこもらずカビの発生を抑制
・簡単組み立て

シンプルなデザインが魅力のスチールパイプベッド。ヘッドホードも付いていないので外寸で180cmとかなりコンパクト。

狭い部屋にもスッキリと配置できるのが魅力です。

カラーは清潔感のあるホワイトとスタイリッシュなブラックの2色展開。

ベッドは大型で組み立てにわりと時間を要しますが、このベッドは構造もシンプルで比較的簡単に組み立てすることが出来ます。

 

このベッドを『ネルコ』で見てみる

まとめ

ショート丈ベッドは身長160cm以下であれば問題なく使うことができます。

長さが短い分、部屋を有効活用できたり動線を確保しやすかったりとメリットもありますが、標準サイズに比べてバリエーションが少ないのが難点。

種類が少ないため選択肢は限られますが、『収納タイプ』『ロフトタイプ』など利便性の高いタイプもあります。

身長は160cm以下に限られますが、狭い部屋を有効活用にしたい方はぜひ検討してみてください。

関連記事
ベッドが安いオススメの家具通販を家具マーケターが厳選!

ベッド通販『ネルコ』の評判とオススメを家具マーケターが解説!