カウネットは安い?会員登録の前に知りたいメリット・デメリットを徹底解説

カウネット 会員登録 メリット・デメリット

お得なキャンペーン
カウネットに新規無料会員登録すれば1,500円OFFクーポンがもらえるキャンペーン開催中!

 

コピー用紙や文具、日用品や来客時に出すお茶など会社で用意すべきものは数知れず…

事業者なら、会社で必要な買い物はできるだけラクに安く購入したいと思うはず。

そこで購入先の候補に入れておきたいのがカウネット。

カウネットといえばASKUL、たのめーるとならぶ法人向け通販の最大手です。

 

本記事では、カウネットで登録する前に知っておきたいポイントについて徹底解説します。

ASKUL、たのめーるとの違いも検証しました!

 

 

 

カウネット無料申し込みページはコチラ

 

カウネットは安いのか?

カウネット 安い

まずはオフィス通販カウネットの「価格」について解説します。

カウネットの商品シリーズは大きく分けて下記の3つに分類されますが、なかでも「カウコレ」と「コクヨ製品」が安いです。

 

  •  カウコレ(プライベート・ブランド)
  •  コクヨ製品
  •  NB(ナショナル・ブランド)

 

カウコレはプライベートブランド(カウネットオリジナル商品)で低価格。ユーザーからの声を反映した商品開発をしており、使いやすさにも定評があります。

 

コクヨ製品もカウネット限定の商品があって、安い商品が多いです。

ナショナルブランド(仕入れ商品)は基本的に他通販でも買えますが、お値打ちな商品が揃っています。

ノーリー

「カウコレ」と「コクヨ製品」のラインナップはとても充実していますし、コスパはかなり良いですよ。

 

期間限定値下げ品も豊富

カウネット公式ホームページでは、飲料水や食料品、日用品まで期間限定で値下げする商品が多数あります。

カウネットカタログにも巻頭に期間限定値下げ品が掲載されています。

 

メリット・デメリット

カウネット メリット・デメリット

メリット:コクヨ製品がすべて揃っている

一番のメリットは、コクヨ製品がすべて揃っていて、お値打ちに買えるところ。

コクヨといえば、文具をはじめ家具でもシェアNO.1を誇る国内最大級のメーカー。

高品質ですし、知らない人はいないくらいの知名度がありますから、コクヨ製品を安心してお値打ちに買えるのは大きなメリットです。

 

メリット:なんでも揃うし安い

かゆいところにも手が届くような品揃えで、豊富なバリエーションから必要なものだけを購入できるのも魅力。

商品数は約80万点ありますので、

「欲しい商品が見つからない」

なんてこともありません。

 

メリット:返品できる

カウネットは、発注後365日間以内なら返品できるサービスがあります。

なのでもし間違えて発注してしまっても安心。

しかも無料で商品を引き取りに来てくれるので、とてもありがたいサービスです。

 

デメリット

これといったデメリットは正直ありません。

カウネットを利用するには会員登録(無料)が必要ですが、登録したからといって必ず買わなければいけない義務もありませんし…。

商品数に関していうと、競合のASKULに比べると少ないのは否めません。

80万点も商品があれば十分ですけどね…(笑)

基本情報

会社名 株式会社カウネット
送料 ・1,000円以上の注文で無料
・1,000円以下の注文は300円(税込)
支払い ・銀行振込
・クレジットカード(WEB注文のみ)
・コンビニ支払い
・口座引き落とし
請求書発行 毎月1回(月末締め)
注文後の納期 最短当日~翌日(商品により異なる)
カタログ あり(無料)
商品数 約80万点

 

カウネットはコクヨ株式会社の100%子会社です。

なのでカウネットは「コクヨの公式通販」ということになります。

 

商品の種類

カウネットでは日用品、食料品、家具などあらゆる商品を販売しています。

オフィスで使う商品以外にも、工場や学校、病院などさまざまなシーンで使用できるモノまで幅広い品揃えです。

ないものがない!というくらい。よろず屋みたいです(笑)

 

カウネットの仕組み

カウネットは会員登録した企業と直接取引しているわけではありません。

じつはカウネットと会員企業の間には代理店となる「販売店」が仲介しているのです。

ただし販売店が会員企業になにか手厚くサポートするようなことはありません。ふだんは販売店の存在にすら気が付かない場合がほとんどでしょう。

なお請求書に関する問い合わせのみ、カウネットではなく販売店へ連絡します。

 

販売店が表に出てこなくても問題ないのは、それだけカウネットが使いやすい通販である証拠でもあります。

なので会員企業にとって代理店の存在はあまり関係ないし、気にする必要はさほどありません。

販売店は請求に関して問い合わせすることを除けば、ぶっちゃけ存在感が薄いです…

 

どこから購入できる?注文方法は?

カウネットは会員登録した後に、公式サイトからの注文、もしくはFAXで注文することが可能です。

 

カウネットの会員登録は有料?無料?

カウネットで会員登録するにあたり、費用は一切かかりません。

登録費用はもちろん、年会費も無料です。

ちなみに会員登録しないとカウネットを利用することはできません。

 

カウネット無料会員登録はコチラ

 

カタログを請求したい

カウネットのカタログは、Askulやたのめーると違って「家具以外」と「家具」に分冊されています。

どちらも無料で請求できるので安心です。

カタログの種類 ページ数
カウネットカタログ 約1300
家具カタログ 約300

カウネットカタログは1300ページ以上と、かなり分厚いカタログです。

以前は家具もまとめた1部構成のときもありました。いまは分冊され2部構成です。

 

無料で会員登録してカタログを請求する

 

ASKUL・たのめーると比較

カウネット 比較

 

上図で分かる大きな違いは、運営会社がメーカーか否かという点です。

カウネットはメーカーであるコクヨが運営しているのに対して、他2社の運営会社はメーカーではありません。

つまりコクヨは自社製品を自社運営のカウネットを通して安く販売することに成功しているということです。

 

しかし売上規模で見るとASKULがダントツに大きいです。商品数も多いですし、実際に利用者が多いのもうなずけます。

 

カウネットで買うべきおすすめの商品

カウネット オススメ商品

カウネットにはコクヨ製品を中心に、さまざまなメーカーの商品を販売しています。

商品数が多いがゆえ、おすすめの商品を絞るのは難しいですが「カウコレ」というシリーズはぜひ注目してみてください。

 

いわゆるカウネットのPB(プライベートブランド)商品で、コスパと使いやすさに優れた商品が揃っています。

「カウコレ」はカウネットでしか購入できない目玉商品が盛りだくさんですよ。

 

カウネットに無料会員登録して「カウコレ」を見てみる

 

カウネットのオフィス家具の評価・評判

家具のバリエーション


写真はイメージ

デスク、チェア、収納家具までオフィスに必要なものはなんでも揃います。

取り扱いメーカーはコクヨの家具が多いですが、どちらかというと価格を重視したNB(コクヨ以外)の方が多いです。

 

「社員が増えたからチェア1脚を追加購入したい」

から、

「オフィスを移転するので大量にまとめ買いしたい」

という要望まで柔軟に対応できます。

 

会員登録して家具カタログを無料請求する

 

価格帯

平均価格は他の通販に比べても安いです。

これはNB商品が多いというのも背景にあります。

1万円台で買えるデスクもありますし、収納庫もかなり安いシリーズがあります。

 

カウネットでしか買えないコクヨの家具があるのも特徴の一つです。

コクヨの家具は高品質ですから安心できますし、コスパが良いので購入メリットは十分あります。

コクヨの上質なデスクや収納庫がかなりお値打ち…!

 

カウネットの家具は全般的に安いですが、チェアに関しては例外です。

コクヨやイトーキ、ウィルクハーンなど高級モデルも販売しているためです。

なのでオフィスチェアに関していうと1万円以下〜10万円以上まで幅広い価格帯となっています。

 

配送、組立設置

家具のなかにはロッカーや会議テーブルなど大型商品もたくさんあります。

カウネットの場合、オーダーシートが2種類あり商品によって配送方法が違います。

 

Aパターン 組み立てサービス付き
Bパターン 自分で組み立てる必要あり

パターンは家具すべての商品に設定されているので、注文前に確認しておく必要があります。

 

不要になった家具の引き取り

家具が古くなって買い替えする場合、不要な家具を有料で引き取ってくれるオプションサービスがあります。

ただし同種・同数である必要があります。

不要家具引き取りの一例
デスクを5台購入する場合、不要なデスク5台までは引き取り可能

 

プランニングサービス

オフィス移転やレイアウトを変更したいとき、

「どうやって家具を配置すれば良いんだろう…」

という問題が生じます。

そのようなときにカウネットのオフィスレイアウトサービスが便利です。

オフィスレイアウトサービスは無料で利用でき、3Dパースや予算に合わせた家具の提案までしてくれます。

ノーリー

無料でここまでのサービスはすごいですよ!

 

カウネットはこんな方(企業)におすすめ

カウネット オススメ

こんな方(企業)におすすめ
・文具、日用品を安く購入して経費を削減したい
・ふだんからコクヨ製品を愛用している
・これから起業する個人事業主

カウネットの大きなメリットは、PB(プライベート商品)が充実しているところ。

PB商品はコスパが良いですから「結果的に経費削減」になります。

また文具に関していえばコクヨはシェアNO.1。
カウネットならコクヨの全製品が購入できます。

カウネットを通してコクヨ製品を買えば、他より高く買ってしまうのも防げるということです。

 

一般企業向けだけでなく、病院(施設)、工場向けの商品が充実しているのもカウネットの特徴。

なので病院で使用する器具や、工場で急に必要になった工具を買うのにも便利です。

 

これから起業する個人事業主にとっても利用するメリットは大いにあります。
理由は気軽に買えてすぐに届くので、スピードを重視する起業家にも最適だからです。

 

会員登録はするべき?損はしない?

カウネット 会員登録

カウネットは入会時の登録費、年会費は一切かかりません。

なので登録しておいても損するようなことはないです。

ただし会員登録するには一定の条件があります。それは「会社名」が必要であること。

法人企業でないと会員登録ができないということです。

 

カウネット無料会員登録はコチラ

 

個人事業主は会員登録できる?

個人事業主でも屋号があれば会員登録できます。

開業届を出していれば「屋号」があるはず。

屋号さえあれば会員登録は可能ですよ。

 

個人事業主でも、仕事で買わなければいけない消耗品や日用品は以外と多いもの。

もちろん領収書も発行できますので、確定申告のときでも安心です。

 

個人でも会員登録はできる?

法人登録もしくは屋号登録もない個人の場合は、会員登録できません。

ただしカウネットは個人向けの通販も展開しています。

カウモールなら、ふだん利用しているモールを経由して購入することが可能です。

 

カウモール楽天市場店

カウモールPayPayモール店

 

最後に:とりあえず会員登録しておくべし

会社(病院・工場)では備品として買わなければいけないものは必ず出てきます。

そんなときに便利なのがカウネット。

入会金・月会費も無料ですし、登録しておいても損はないと断言できます。

 

安くて便利なカウコレをはじめ、コクヨ製品も充実。

発注など機能面においても利用しやすいで、メリットを大いに感じられます。

コスパの良さを追求して経費削減したいなら、とりあえず会員登録しておくのもアリですよ。

いざというときにも役立ちます。

Askulと一緒にカウネットにも登録して、比較してから商品を発注する会社も多いですよ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

カウネット無料会員登録はコチラ