オススメ『ベッド通販』ブラックフライデーセール開催中!

テレワークは腰に注意!疲労の原因と快適に作業する為の方法。

テレワーク

 

まだまだテレワークに取り組む企業は決して多くはありませんが、今回のコロナウィルスをきっかけに着々とテレワークを導入する企業が増えてきました。

しかし、テレワークは決して甘くはありません。

なぜなら、自宅で作業をするとなるとオフィスとは全く違う環境で作業に集中しなければいけない為です。

自宅なのである意味嬉しい環境ではありますが、そこには誘惑(サボり)や生活音など、作業の集中を妨げるものが沢山あるわけです。

しかし、テレワークで最も心配な事があります。

それは腰の疲労です。

テレワークで腰に疲労が溜まる理由。

テレワーク

テレワークは肩、特に腰に疲労が溜まりやすくなります。

そして疲労が蓄積されていくと、慢性的な痛みを伴い辛い思いをしてしまいます。

なぜそうなるのか。原因はズバリ椅子です。

オフィスで作業をする時に座る椅子は『オフィスチェア』。これは作業をする為の椅子として作られているので、会社でも一般的に使われているわけです。

あなたは自宅に会社で使うようなオフィスチェアはありますか?

もし持っている方であれば、よほど低質なオフィスチェアでない限り肩と腰の痛みは回避できるかもしれません。

腰に疲労が溜まる原因1.床で作業をする。

テレワーク

 

床に座ってローテーブルで作業をする。これは本当におすすめしません。

腰に負担が掛かるだけでなく、猫背になりやすいので、肩にも負担が掛かってしまいます。

テレワークは仕事です。一度パソコンで作業を開始したら、長時間作業をする事になります。

長時間作業でローテーブルは腰に大きな負担が掛かりますのでやめておきましょう。

腰に疲労が溜まる原因2.ソファで作業をする。

テレワーク

ソファはくつろぐ為に座るものです。その為ソファは特性上、座ると下に沈み込んで重心が後ろにいく『後傾姿勢』になってゆったりと座るものです。

しかしパソコンで作業をする時はどうでしょう。ほとんどの方が重心を前の方にして『前傾姿勢』で作業をしているはずです。

矛盾していませんか?ソファは座ると自然に後傾姿勢になるのに、作業をする為に前傾姿勢で作業をしようとすると姿勢に無理が生じます。

これでは短時間の作業すら疲れますし、集中もできません。

ソファでの作業は避けた方が無難でしょう。

腰に疲労が溜まる原因3.ダイニングテーブルで作業をする。

ダイニングテーブルで仕事をするというのは実は私はオススメしています。

なぜなら書斎や作業用の机と椅子を置くスペースがない中で、一番作業をしやすいのがダイニングテーブルだからです。

ではなぜダイニングテーブルで仕事をすると肩と腰に疲労が溜まるのでしょうか?

それはダイニングチェアに理由があります。ダイニングチェアは食事を取る為の椅子で、長時間の作業に向いた椅子ではありません。

その為、長時間作業をすると肩や腰に負担が掛かってしまうのです。

腰の疲労を軽減する方法

テレワーク

テレワークをするにあたり、腰の疲労を軽減する方法があります。

腰の疲労を軽減する方法
・あるモノを使ってダイニングテーブルで作業する。
・適度にストレッチを行う。

一番の解決方法はオフィスチェアとワークデスクを作業用として購入するのが一番良いのですが、テレワークの為にわざわざ購入するのは気が引けますよね?

私が提言したいのは、テレワークの為に無駄なお金は使わない方が良いという事です。

でも現状のままでテレワークをするとなると腰への負担が心配なので必要最低限の用意をする事でオフィスチェアを購入しなくても作業環境を整える事ができます。

あるモノを使ってダイニングテーブルで作業をする。

ダイニングテーブルで長時間作業をすると腰に負担が掛かってしまうのですが、『あるモノ』を使う事で快適な作業スペースになります。

それは『体圧を分散するクッション』、『ランバーサポート』をダイニングチェアに使うという事です。

ダイニングチェアは長時間の作業には向いていません。多くのダイニングチェアは座面が木製やスチール製、クッションがあっても薄いのでお尻が痛くなります。お尻が痛くなると疲労が蓄積されて腰痛の原因にもなります。

こういった症状を軽減する為に座面に使用します。このようなゲルシートは体圧分散してくるので疲労の軽減に大いに効果を発揮します。

 

『ランバーサポート』も腰への負担軽減と正しい姿勢を取るのに有効です。

ランバーサポートとは腰をサポートするという意味です。座り心地の良いオフィスチェアのような効果を得られるのでランバーサポートはオススメです。

テレワークで椅子を快適にテレワークでダイニングの椅子を工夫して快適に作業をする方法。

適度にストレッチをする。

ストレッチ

オフィスにいると、ミーティングの為に席を移動したり、FAXを取りに行ったりと意外と動く事が多いのですが、自宅で作業するとなると、ほぼ座った状態で作業する事になります。

オフィスにいる空間よりも狭いので動き回るという事はできません。

これでは血行不良の原因にもなりますので、適度にストレッチをしましょう。

大丈夫です。ストレッチしたところで会社にバレません。むしろ身体のコンディションを整える事で仕事のパフォーマンスが上がるのでオススメです。

ストレッチをするならヨガがオススメです。

ヨガは短時間でも効果的なので、時間を決めて作業の途中に取り入れる事をオススメします。

私も自宅で長時間のPC作業をする事が多いので、ヨガを15分×2セット行っています。作業で凝り固まる身体をほぐして、また作業に集中できるようになるのでオススメですよ!

腰の負担を軽減する方法
・ダイニングチェアに『クッション』、ランバーサポートを使ってダイニングテーブルで作業する。
・適度にヨガを取り入れる。

基本、この2つで腰や肩への負担はかなり軽減できます。

まとめ

テレワークは甘くないです。自宅にいられるのは嬉しいですが作業場所、家族(同居人)や生活音など作業をする為の環境を整える事が簡単ではないからです。

しかし、冒頭でも言いましたが一番気をつけなければいけないのは『身体』です。

特に腰には要注意です。テレワークになって腰を痛めてしまっては元も子もありません。

まずは腰への負担を軽減する事から始めましょう!