【9/30まで】有名マットレスが15%OFF! 限定クーポンはコチラ

テレワークは腰に注意!疲労の原因と快適に作業する方法

 

テレワークがずいぶんと浸透してきて、自宅で仕事をする人が増えてきました。

しかし、自宅で仕事をする場合に気を付けておきたいことがあります。

それは腰の疲労です。

 

本記事では、

「なぜ自宅でPC作業をすると腰に負担がかかるのか」

といったことを解説するとともに、腰の負担を軽減する方法について紹介します。

 

テレワークで腰に疲労が溜まる理由

テレワーク

テレワークは肩、腰に疲労が溜まりやすくなります。

そして疲労が蓄積されていくと、痛み生じてくることも。

なぜそうなるのか。

その原因は「椅子」にあります。

会社の事務所では、仕事用のチェアに座ることが多いはず。

自宅ではどうでしょうか?会社と同じようにオフィスチェアを使用しているのであれば、腰への負担は軽減できているはず。

しかし腰の不調を気にする人のほとんどは、オフィスチェアを使用していない可能性が高いのです。

それでは腰に負担をかけやすい原因を見ていきましょう。

 

腰に疲労が溜まる原因1.床で作業をする

テレワーク

 

床に座ってローテーブルで作業をする。これは本当におすすめしません。

腰に負担が掛かるだけでなく、猫背になりやすいので、肩にも負担が掛かってしまいます。

いずれにせよ一度パソコンで作業を開始したら、長時間作業をすることになります。

ローテーブルで長時間作業をしていると、腰に大きな負担が掛かりますのでやめた方が無難です。

 

腰に疲労が溜まる原因2.ソファで作業をする

テレワーク

ソファは構造的に、後傾姿勢でゆったりとくつろいで座るものです。

しかしパソコンで作業をする時はどうでしょうか。

ほとんどの方が重心を前の方にして前傾姿勢で作業をしているはずです。

矛盾していませんか?

ソファは座ると自然に後傾姿勢になるのに、作業をするために前傾姿勢で作業をしようとすると姿勢に無理が生じます。

これでは短時間の作業すら疲れますし、集中もできません。

ソファでの作業は避けた方が無難でしょう。

腰に疲労が溜まる原因3.ダイニングテーブルで作業をする

ダイニングテーブルで仕事をする人は多いです。

床やソファで仕事をするよりはよっぽど腰に負担はかかりませんし、作業スペースとしてはオススメできます。

しかし、ダイニングテーブルで作業したとしても腰に疲労が溜まりやすい場合があります。

その原因はダイニングチェアであることが多いです。

あくまでダイニングチェアは食事用の椅子で長時間座り続けることを想定していませんし、オフィスチェアのような柔軟性がありません。

つまり腰に負担がかかりやすいのです。

 

腰の疲労を軽減する方法

テレワーク

テレワークをするにあたり、腰の疲労を軽減する方法があります。

腰の疲労を軽減する方法
・あるモノを使ってダイニングテーブルで作業する
・適度にストレッチを行う

一番の解決方法はオフィスチェアとワークデスクを作業用として購入するのが一番オススメです。

しかし、テレワークのためにわざわざ購入するのは気が引ける人も多いはず。

そこで、オフィスチェアを買わずともダイニングテーブルで快適に仕事をする方法について紹介します。

 

もし作業用チェアを購入して、作業環境をしっかりと整えたいなら、こちらの記事を参考にしてください。
テレワークは腰に注意!疲労の原因と快適に作業する方法

 

あるモノを使ってダイニングテーブルで作業をする

ダイニングテーブルで長時間作業をすると腰に負担が掛かってしまうのですが、『あるモノ』を使うことで快適な作業スペースになります。

それは『体圧を分散するクッション』、『ランバーサポート』をダイニングチェアに使うということです。

ダイニングチェアは長時間の作業には向いていません。

多くのダイニングチェアは座面が木製やスチール製、クッションがあっても薄いのでお尻が痛くなります。

お尻が痛くなると疲労が蓄積されて腰痛の原因にもなります。

こういった症状を軽減する為に座面に使用します。

このようなゲルシートは体圧分散してくるので疲労の軽減に大いに効果を発揮します。

 

『ランバーサポート』も腰への負担軽減と正しい姿勢を取るのに有効です。

ランバーサポートとは腰をサポートするという意味です。座り心地の良いオフィスチェアのような効果を得られるのでランバーサポートはオススメです。

テレワークで椅子を快適にテレワークでダイニングの椅子を工夫して快適に作業をする方法

適度にストレッチをする。

ストレッチ

オフィスにいると、ミーティングの為に席を移動したり、FAXを取りに行ったりと意外と動く事が多いのですが、自宅で作業するとなると、ほぼ座った状態で作業することになります。

オフィスにいる空間よりも狭いので動き回るということはできません。

これでは血行不良の原因にもなりますので、適度にストレッチをしましょう。

大丈夫です。ストレッチしたところで会社にバレません。

むしろ身体のコンディションを整える事で仕事のパフォーマンスが上がるのでオススメです。

ストレッチをするならヨガがオススメです。

ヨガは短時間でも効果的なので、時間を決めて作業の途中に取り入れる事をオススメします。

私も自宅で長時間のPC作業をする事が多いので、ヨガを15分×2セット行っています。

作業で凝り固まる身体をほぐして、また作業に集中できるようになるのでオススメですよ!

腰の負担を軽減する方法
・ダイニングチェアに『クッション』、ランバーサポートを使ってダイニングテーブルで作業
・適度にヨガを取り入れる

基本、この2つで腰や肩への負担はかなり軽減できます。

まとめ

自宅での仕事は快適である反面、苦労する面もあります。作業スペースの確保、生活音や光熱費の上昇など…

苦労もありますが、なにより腰には気を付けましょう。

自宅と会社のオフィスでは作業環境がまったく異なりますし身体を痛めたら元も子もありません。

ご紹介した方法で腰の負荷を軽減しつつ、快適にテレワークしていきましょう。

 

関連記事
テレワークに最適。一流メーカーのお値打ちオフィスチェアおすすめ11選。

1万円以下で買えるテレワークにも最適なオススメのデスクチェア8選!

在宅ワークでお尻と腰が痛い方は体圧分散するチェアがオススメ。