オススメ『ベッド通販』ブラックフライデーセール開催中!

エクステンションテーブルは便利!〜ダイニングテーブル編〜

エクステンションテーブル

エクステンションテーブルとは伸張式テーブルのことでテーブルのサイズが変えられるテーブルの事を指します。今回はダイニングテーブルとして使うエクステンションテーブルについてご紹介します。

MEMO
この記事でわかる事
・エクステンションテーブルはこんな方にオススメ
・エクステンションテーブルとダイニングテーブルの違い
・エクステンションテーブルのメリット、デメリット
・エクステンションテーブルの種類について

エクステンションテーブルはこんな方にオススメ

エクステンションテーブル

エクステンションテーブルはこんな方にオススメ
・来客が多く使用する人数の増減が多い。
・ダイニングルームは狭いけどなるべく大きなテーブルを置きたい。
・家族が増える予定を見越してテーブルを購入したい。

エクステンションテーブルは使用する人数に合わせてサイズが変えられるのですごく便利です。生活スタイルの変化や、来客時の人数に合わせてサイズを変えて使い分ける事ができます。

ダイニングルームが狭く普段はなるべく空間を広く使いたいのでテーブルは小さめで、週末は友人が集まるので必要に応じてテーブルを拡張させる。こういった使い方ができるのはエクステンションテーブルならではです。

一例ですがイメージとしてこのような使い方になります。通常サイズ→中サイズ→大サイズの3段階に設定できる商品を想定としています。

通常サイズ 普段は2人で使用。
天板を1段階伸ばして中サイズに拡張 2名の来客があり計4名で使用。
天板を2段階伸ばして大サイズに拡張 4名の来客があり計6名で使用。

エクステンションテーブルとダイニングテーブルの違い

エクステンションテーブル
出典:Amazon.co.jp

エクステンションテーブルと通常のダイニングテーブルの違いは天板が伸張できるかどうかです。
冒頭でもご説明したように、エクステンションテーブルとは『伸張式テーブル』の事です。通常のダイニングテーブルはサイズを変えることは出来ません。

ただエクステンションテーブルといっても伸張できるのは幅だけです。奥行き方向は基本的に決まったサイズのみとなります。

エクステンションテーブルのメリット、デメリット

エクステンションテーブルはサイズが変えられるのが最大のメリットですが、その反面デメリットもあります。

デメリットがあるといっても、メリットの方が勝ってしまうほど便利なアイテムですが、デメリットを知った上で購入した方が後から後悔もしないはずですので参考にしてみてください。

エクステンションテーブルのメリット

最大のメリットは使用する人数に合わせてサイズを変更できる事です。正直他のメリットはありません・・それでもサイズが変えられるというのは使い方の幅が広がりますので本当に便利です。

エクステンションテーブルのデメリット

 

  • 天板のつなぎ目にラインが入る。
  • 木目の場合、柄が合わない場合がある。
  • 伸縮の時は指を挟まないように注意が必要。

・エクステンションテーブルの構造上仕方ないのですが、つなぎ目にラインが入ります。
また、木目柄の場合は木目の柄が合わない場合があります。ホワイトなど無色の方が木目柄に比べてつなぎ目のラインが目立ちますが木目柄の場合、柄が合わないなど一長一短ありますので、注意しましょう。

・伸縮する際は指を挟まないように注意も必要です。メーカーによって操作の仕方は異なりますが、怪我をしない為にも伸縮する時は焦らずに操作をする事が大切です。

エクステンションテーブルの種類

エクステンションテーブルには大きく分けて3つの種類があります。

  1. 片側はね上げタイプ
  2. 両側はね上げタイプ
  3. 天板収納タイプ

 

1.片側はね上げタイプ

片側はね上げタイプは天板の片側にだけ拡張用の天板が付いており、跳ね上げることにより伸張する事ができます。ただしそこまでサイズを大きく出来るわけではないので、あくまで補助程度と思った方がいいでしょう。

このタイプはそこまで広げる必要はないけど、食器などをもう少し置きたい時におすすめの商品です。

片側はね上げタイプのポイント
・手狭なダイニングルームに使いやすいサイズ。
・天板を跳ね上げるだけで伸張できるので操作が楽。

こちらの商品の詳細はこちら!

2.両側はね上げタイプ 

エクステンションテーブル

両側はね上げテーブルはバタフライテーブルともいいます。片側はね上げテーブルよりサイズを大きくできる為、より多くの人数で使用する事ができます。サイズが3段階に変えられるところもシーンに合わせて使い分けができる便利なポイントです。

このタイプは普段は二人暮らしだけど、来客に備えてダイニングテーブルを広く使いたい方におすすめです。また家族が増える事を見越して将来的にテーブルを大きくしたい場合にもおすすめです。

両側はね上げタイプのポイント
・来客時にテーブルを広く使いたい時におすすめ。
・家族が増える事を見越して将来大きいサイズにする予定がある方。
・天板を跳ね上げるだけで伸張できるので操作が楽。

この商品の詳細情報はこちら!

3.天板収納タイプ

天板収納タイプの良いところははね上げ式と違って、見た目がスマートなところです。またサイズも3段階に変えられるので、使用する人数によって使い分けをする事ができます。

天板収納タイプのポイント
・見た目がすっきりしている。
・3段階にサイズ変更できるのでシーンに合わせて使い分けができる。

まとめ

エクステンションテーブルはサイズを変えられるので、ライフスタイルの変化や使用する人数の変化に対応するなど、魅力たっぷりの商品です。通常のダイニングテーブルと比較すると価格設定は高めですが、使用メリットを考えると十分な価値を見いだせます。

ダイニングテーブルを選ぶ時にサイズで悩んでいる方、ダイニングルームが狭いけど、人が集まる時にテーブルが小さくて困る方は検討してみると良いでしょう。

ダイニングテーブルのサイズの決め方【イラスト付】ダイニングテーブルのサイズの決め方はコレ!