リテリー マットレスの評判と口コミを解説<エアウィーヴと比較評価も>

リテリー ライトウェーブ 口コミ評判 エアウィーヴとの比較

「正しい寝姿勢でぐっすり寝たい」

「高品質なマットレスが欲しい」

「エアウィーブが欲しいけど、高くて買えない…」

 

このように考えている方にLiterie(リテリー)のマットレスは、とてもおすすめです。

本記事ではリテリーのマットレスについて、実際に体験した筆者が徹底解説します。

エアウィーヴとも比較検証しましたので、ぜひご覧ください。

エアウィーヴとの比較検証ではおどろきの事実が…!

 



リテリー公式ストアはこちら

 

Literie(リテリー)とは?

Literie(リテリー)は家具の産地である福岡県大川市の老舗家具メーカー、株式会社モーブルが展開するマットレス専門のブランドです。

リテリーではマットレスや寝具を販売するとともに、ホテルなど宿泊施設にも納入しています。

リテリー マットレスのメリット、デメリット

リテリーのマットレスはコア材にライトウェーブを使用しています。

このライトウェーブの特性を活かした寝心地の良さがリテリーのメリットであり魅力です。

体圧分散に優れ寝返りもしやすいことから、寝心地にこだわりたい方に最適なマットレスといえます。

また、ライトウェーブは丸洗いできるため清潔に保てるのもメリットの一つです。

 

デメリットは価格が安くないという点です。

コイルマットレスやウレタンマットレスのように安価ではないため、ある程度の予算確保は必要となります。

 

リテリー公式ストアはこちら

ライトウェーブを評価

リテリーのマットレス最大の特徴はコア材にライトウェーブを使用している点です。

これはリテリーの全モデルに採用していて、寝心地にもっとも影響を与える要素でもあります。

なのでここではライトウェーブについての評価を解説します。

 

材質

ライトウェーブは、特殊技術を使って樹脂素材であるポリエチレンを細いチューブ状にしたものでできています。

チューブを絡ませて大きな固形にしているため空気層が多いのが特徴です。

特徴をまとめると…

ライトウェーブの特徴
・体圧分散に優れている
・通気、保湿性が良い
・軽量
・水洗いできる
・耐久性が高い
・廃棄時は可燃ごみで処分できる

ライトウェーブは、体圧分散に優れているのが寝心地においてのメリット。

また、ウレタンやポケットコイルのマットレスに比べて軽量で通気性が良いのも魅力です。

カビの発生を抑制しますし、清潔に保てるのはうれしいポイント。

寝心地

リテリー 評判

ライトウェーブの寝心地は硬めです。

仰向け、横向きどちらも硬めに感じますが、空気層が多いため底を打つような感覚はないです。

肩やお尻など局所的に負荷がかかるようなこともありません。

腰あたりのサポートがしっかりしているのもポイントです。

腰が沈むと腰痛の原因にもなるため、サポートが効いているのはうれしいところ。

 

品質

ライトウェーブは品質がとても良いです。

とくに端の部分は品質の良し悪しが出やすいところ。きれいな直線でゆがみやへこみも見当たりません。

国内工場の技術の高さを感じます。

 

専門家による品質測定も実施しており、数値面でも有用性の高さが立証されています。

 

慶応義塾大学理工学部・満倉靖恵教授指導のもと、10代から70代までの男女40名を集め、脳波測定による睡眠品質測定を行いました。

 

リテリーのマットレスと市販のマットレスの寝心地を比較し、「快適度」「集中度」「ストレス解消率」の面でリテリーの商品の有用性が実証されました。

また、リテリーのマットレスはよく熟睡できていることが読み取れたことから、脳の中のゴミと言われるアミロイドβのクリアランスにも一役買っており、高齢者の認知症防止にも役立つのではないかというお言葉を頂きました。

Literie公式サイトより引用

 

底打ち感のなさ

寝心地は硬めですが、空気層が多く底を打つ感じはありません。

少し浮いているような感覚を覚えます。

寝返りしやすさ

反発力が高いため寝返りしやすいです。

寝返りは身体をほぐしたり、こもった熱を逃がす目的があるため寝心地において大切な要素。

寝返りしたときの振動も伝わりませんよ。

通気性

空気層が多いため通気性はかなり良いです。

熱がこもりにくく、寝苦しく感じることもありません。

 

衛生面

ライトウェーブは水で丸洗いできます。

おねしょや嘔吐をしてしまっても洗えるので、常に清潔に保つことが可能です。

小さな子供と寝ても安心ですね。

リテリーとエアウィーヴを比較

エアウィーヴののコア材には、リテリーのマットレスと同じポリエチレンが使われています。

そのため両社のマットレスを比較してみました。

価格についてはおどろきの事実が判明しました…!

コア材について

リテリー マットレスのコア材について

リテリー、エアウィーヴともにマットレスのコア材はすべて同じ素材が使われています。

リテリーが「ライトウェーブ」で、エアウィーブは「エアファイバー」。

名称こそ違いますが、素材はどちらもポリエチレン100%。

そのためコンセプトはよく似ています。

両社のコア材の特徴
・体圧分散に優れる
・寝返りしやすい
・年中快適に使える
・丸洗いできる

コア材の素材はどちらも同じポリエチレン。

特徴は同じです。

 

商品の保証

コア材については両社ともに3年間の保証(一部除く)が付いています。

 

返品保証の有無

「返品保証」とは、購入後に試してみてどうしても寝心地が合わなかったら返品できるサービスです。

  • リテリーは60日間(一部商品除く)
  • エアウィーヴは30日間(一部商品除く)

リテリーのほうが30日間長いです。

返品保証が60日間もあれば、じっくりと寝心地を試すつもりで使えますね。

 

価格を比較

リテリーとエアウィーヴで「マットレス」「マットレスパッド」「敷布団」の価格を比較しました。

 

マットレスの価格を比較

リテリーのマットレスは11種類、エアウィーヴは4種類。

一番安いモデルで比較した場合…

  •  リテリーが60,830円〜
  •  エアウィーヴが99,000円〜

 

3万円以上も価格差があることが判明しました。

なお両社どちらのマットレスも中材はコア材だけでなく、複層構造になっています。

リテリーは「ライトウィーブ+ウレタン」で、エアウィーヴが「エアファイバー+ポリエステル」という具合です。

なお、コア材を3分割にして寝心地を調節できる上級モデルでも、リテリーの方が1万円以上安いです。

 

マットレスパッドの価格を比較

マットレスパッドを同じ厚みのモデルで比較してみました。

ちなみに比較したエアウィーヴ01は定番でとても人気のあるモデルです。

品名 価格
オーガニックオーバーレイ(リテリー) 40,700円
エアウィーヴ01 66,000円

*価格は変動する場合があります

コア材の厚みはどちらも3.5cm。

価格はリテリーの方が2万円以上安い結果に。

なおリテリーの「オーガニックオーバーレイ」のカバー素材はオーガニックコットンで優しい肌触り。

エアウィーヴ01のカバー素材は一般的なポリエステルです。

はっきり言ってカバーの素材の質にも差があります。

 

敷布団の価格を比較

敷布団はリテリーが6種類、エアウィーヴが3種類あります。

最安価格を比較すると…

  •  リテリーが39,800円〜
  •  エアウィーヴが99,000円〜

 

かなりの価格差があります。

コア材の厚みもほぼ変わりませんから、どちらがお得かは一目瞭然といえるでしょう(笑)

 

リテリーとエアウィーヴを比較した結論

調査したところ、リテリーの方がコスパが良いことが判明しました。

エアウィーヴはブランド力がありますし、人気が高いのは周知のとおり。

しかしリテリーも高品質で、保証もしっかりしています。

決定的な差は価格差。

リテリーの方が安いのは注目ポイントです。

「コスパの良さ」で見ると断然リテリーのほうが良いですね。

 

 

なぜこんなに価格が違うのか?

コア材は同じポリエチレンなのに、なぜこんなに価格が違うのか…?

もちろんリテリーの品質が悪くて安いというわけではありません。日本製ですし高品質であることも証明されていますから。

価格差がある理由のひとつに宣伝費用が挙げられます。

エアウィーヴは宣伝にかなり力を入れているのはご存知の方も多いはず。

現役のアスリートやタレントを起用して、TVコマーシャルも使っています。

ここまで言うと察しがつくかもしれませんが、宣伝費のかけ方において両社に大きな差があるのは紛れもない事実です。

つまり

「宣伝費はどこから捻出するのか?」

という観点で考えると、販売価格に転嫁せざるをえませんよね。

エアウィーヴは筆者も過去に使用しましたし、良い商品ですから否定するわけではないですが…

価格差の理由は覚えておいたほうが良いですね…

リテリーのマットレスってどんなタイプがある?

リテリーにはさまざまなタイプのマットレスがあります。

マットレス以外にも折り畳みできる敷布団もあるので、チェックしてみてください。

 

モーションマットレス

電動モデル

リテリーのなかで唯一の電動モデル。

フレームが不要で、床に置いて省スペースで使用できます。

電動とは思えないオシャレなデザインは、これまであった電動ベッドのゴツいイメージを塗り替えます。

ソファのようにくつろぐこともできるので、ベッドの上で長時間快適に過ごしたい方におすすめです。

 

モーションマットレスを詳しく見てみる

本商品はレビュー記事もありますので、興味のある方は下記の記事をご覧ください。

 

グラマラス

最上位モデル

異なる硬さのライトウェーブとウレタンを組み合わせたリテリーの上位モデル。

組み合わせによって自分好みの硬さにカスタマイズできるのが魅力です。

やわらかい生地カバーで肌触りまで徹底的にこだわっている点は必見。

高級志向の方におすすめです。

 

グラマラスを詳しく見てみる

 

アスリート

最上位モデル

グラマラスと同様にリテリーのなかで上位クラスのモデルになります。

ソフトでもハードでも使えるため、硬い寝心地に不安がある方でも安心です。

生地カバーはリバーシブルで、表面がニット、裏面がメッシュ素材になっており年中快適に使用できます。

 

アスリートを詳しく見てみる

 

 

カーボンドライ

ライトウェーブを2枚重ねにした超高反発モデル。

寝返りがしやすく、体重が重い方にもおすすめのマットレスです。

生地の表面には竹炭を配合しており消臭効果も。

清潔なだけでなく、臭いを防げるのはありがたい…

 

カーボンドライを詳しく見てみる

 

シェリー

厚み10.5cmのライトウェーブとウレタンを重ねたシェリーは、お値打ちな価格が魅力のモデルです。

ウレタンは平面ではなく、プロファイル加工で凹凸のある形状。

ライトウェーブ同様に、体圧分散に優れる特徴があります。

 

シェリーを詳しく見てみる

 

 

スリーピア

エントリーモデル

リテリーのエントリーモデルであるスリーピアは、4.5cmのライトウェーブとウレタンを配置した2層構造。

ライトウェーブだけ取り出して敷布団として使用できるのが特徴です。

高反発でしっかりとした寝心地はもちろん、カバーとライトウェーブは洗濯できるため、清潔に保ちやすいのも魅力です。

 

スリーピアを詳しく見てみる

 

マットレスパッド

マットレスパッドは、ふだん使用しているマットレスや布団の上に敷いて使用できます。

古くなったマットレスの寝心地を気軽に改善することができるため重宝します。

リテリーのマットレスパッドはライトウェーブの効果はそのままに、カバーにも一工夫。

優しい肌触りのオーガニックコットンと、アレルバスター加工(アレルゲンの活動を低減)を施したタイプがあり、アレルギー対策にもなります。

 

マットレスパッドを見てみる

 

敷布団


床や畳の上で直接使える敷布団ですが、トッパーとしても使えます。

コア材、カバーすべて洗えるため、ずっと清潔に使うことが可能です。

マットレスに比べて軽量でコンパクトなので気軽に使えるのは魅力的です。

使わないときは折り畳んで収納しておくことも可能。

敷布団とはいえ、もちろんライトウェーブのメリットをそのまま体感できます。

 

敷布団を見てみる

 

その他の商品

リテリーはマットレス以外に寝具やソファベッドも販売しています。

バリエーションは少ないですが、良質な睡眠をテーマにした興味深い商品ばかり。

ぜひチェックしてみてください。

 

・枕

・毛布、掛け布団など

・ソファベッド

 

リテリー・マットレスの口コミと評判

リテリーのマットレスについて、実際に購入した方の口コミをご紹介します。

 

22歳女性

以前は約8年使用していた低反発マットレスであったが、柔らかすぎて体が沈み、体勢が変えづらかった。

リテリーマットレスにしてから、硬さがあるので体勢が変えやすく、その点はすごく気に入っている。

引用元:Literie公式ストア

 

24歳男性

弾力があるので、体がしっかり支えられている気がします。
普段、布団を使っているので腰の部分はへたりが出てきますがリテリーはへたりを気にせず使用できます。

引用元:Literie公式ストア

 

34歳男性

涼しくて良いが寝心地がかたい
もう少し柔らかさがある方が好み。

引用元:Literie公式ストア

 

54歳女性

初めは硬いかと思ったが、適度な硬さで満足している。

引用元:Literie公式ストア

 

23歳女性

肩こりが多かったが少なくなっている。

引用元:Literie公式ストア

 

24歳女性

眠りの深さは分かりませんが、ベッドに寝た瞬間の気持ち良さを感じたので、寝付きは良くなった。

引用元:Literie公式ストア

 

53歳男性

深く眠りについているように思う。

引用元:Literie公式ストア

 

口コミでは

「寝つきが良くなった」

「寝返りがしやすく身体がラク」

といった前向きなコメントが目立ちました。

しかし「自分には硬すぎた」という意見も。

硬めの寝心地なので、ソフトな触感が好みの方には不向きというのは否めません。

リテリーはどこで買える?保証は?

リテリーのマットレスはリテリー公式ストアから購入できます。

 

リテリー公式ストアはこちら

 

なおリテリー楽天市場店リテリーYahoo!ショッピング店などモールでも購入できますが、返品保証があるのは公式ストアのみです。

 

購入後もちゃんと保証サポートを受けたい方は公式ストアが安心ですね。

 

実店舗はある?

リテリーのマットレスを展示・販売している店舗は少ないですがあります。

リテリー公式ストアの販売店から、最寄りのお店を探すことが可能です。

ただし、どのタイプが展示されているかはお店によって異なるため、事前に電話で確認しましょう。

 

保証はある?

マットレス類は3年間の保証が付いています。

一定の条件がありますので詳しくは「リテリーの保証について」をご覧ください。

返品保証はある?

リテリー公式ストアに限り、60日間の返品保証(一部除く)があります。

これは購入したものの、身体に合わなかったら返品できるサービスです。

 

お店ではじっくり寝心地を試せません。しかし返品保証があれば自宅でじっくり試せるので安心です。

ノーリー

返品保証はエアウィーブより30日間も長い設定です。

 

リテリーはこんな方におすすめ

こんな方におすすめ
・硬めの寝心地が好み
・腰に不安を抱えている
・高品質なマットレスが欲しい
・エアウィーヴを高いと感じている

身体にかかる圧を分散することで局所にかかる負荷を軽減し、良質な睡眠へと導くのがリテリーの魅力。

高品質なので長期間使用できるのもメリットです。

ノーリー

年中快適に使用できますよ。

 

Literie(リテリー)マットレスの納入事例

リテリーのマットレスは、個人だけでなく法人企業との取引実績も豊富です。

宿泊施設はじめ、さまざまなルートへの納入実績はたしかな品質あってこその証明でもあります。

 

まとめ:高品質で安定感のある寝心地です

リテリーについて記事を書くうえで商品を入念にチェックして分かったことがあります。

それは、

「品質の良さ」です。

マットレスのコア材となるライトウェーブは本当に品質が良く、技術の高さを感じました。

エアウィーヴと比較してみて価格の差が大きい点も見逃せません。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!



リテリー公式ストアはこちら