広告掲載中

パームワークチェアをレビュー。気になる評判について徹底解説

パームワークチェア 評価

オフィスチェアは、1モデルを開発するのに膨大な時間とコストがかかります。

なかには5,000万円以上の開発コストがかかり、完成まで3年もかかったオフィスチェアもあるんですよ。

 

なにが言いたいかというと、本当に優れたオフィスチェアは、開発力のあるオフィス家具メーカーのものでないと、満足できない場合が多いということです。

 

なぜ、パームワークチェアのレビュー依頼を受けた?

パームワークチェア レビュー

Palmwork chair(パームワークチェア)を販売する会社はオフィス家具メーカーではありません。

オフィス家具メーカーのチェアが大好きな筆者は、ぶっちゃけ、前向きな気持ちにはなれなかったのが本音です。

では、なぜレビューすることに決めたのか?

それは期待値が大きいチェアと感じたからです。

個人的にデザインが好みだったからというのもあります。

結果、すごくワクワクしながら検証できました。

 

MEMO
・本記事を制作するにあたりpow様から商品を提供いただきましたが、pow様は記事の内容には関与していません。くわしくは運営ポリシーをご参照ください

 

プロフィール

家具コンパス

・家具業界で20年以上働いているマーケター
・オフィスチェアの開発にも携っている

→くわしいプロフィール

 

 

パームワークチェア公式ストアはこちら

 

お得なクーポン発行中!

パームワークチェアが5,000円引きで買える当サイト限定のクーポンを発行しています!

ぜひ、ご利用くださいね。

クーポンコード(会計画面で入力するだけ)
KAGUCOMPASS

有効期限は未定です。

他のクーポンとの併用はできません。

注意
・公式サイトでセールを開催している場合、セール価格のほうが安くなるため、クーポン利用はできません

評価の結論から

パームワークチェア 評価

パームワークチェアの評価
座り心地
(4.5)
機能性
(4.0)
通気性
(5.0)
品質
(4.5)
総合評価
(4.5)

 

いきなりですが、パームワークチェアの評価について結論から申しますと…

想像以上に高く評価できるポイントがたくさん見つかりました。

一言でいうと、

「バランスがとてもいいオフィスチェア」

といったところです。

パームワークチェアは、とにかく腰がラクなチェアです。

筋肉が緊張せず、疲れにくい姿勢で作業に集中できます。

世の中にはたくさんのオフィスチェアがありますが、ラクな姿勢でデスクワークに集中できるモデルは多くありません。

この点、パームワークチェアはとても優れているといえます。

 

本気でおすすめです

オフィス家具メーカーの高級チェアが欲しいけど、そこまでお金は出したくない…

と考える方にも、パームワークチェアは本当におすすめです。

オフィスチェアの開発にも携わってきた筆者も、太鼓判が押せます。

アーロンチェアは20万円を超えますし、オカムラなど国内オフィス家具メーカーの高級チェアは10万円以上しますからね…

パームワークチェアは、コスパに優れた高級オフィスチェアだと感じます。

 

使いだして1ヶ月経過しました

冒頭から言うのもなんですが、パームワークチェアを使って1ヶ月経過した感想をお伝えします。

じつはレビュー後に毎日座って記事を書いていたのですが、結論からいってとてもいい気に入って使っています。

座のメッシュがお尻に徐々に馴染んできて、フィット感が増してきたところです。

長時間でも疲れにくいので作業に集中しやすい点もいいですね。

筆者はオカムラやITOKI、ハーマンミラーなど数々の高級オフィスチェアを使ってきましたが、パームワークチェアは価格のわりに本当に座り心地がいいと感じます。

 

基本情報

サイズ(最大値)幅:66cm
奥行:66cm
高さ:93-98(座面:44-52cm)
材質張地:ポリエステルメッシュ
フレーム:ナイロン、アルミダイキャスト
キャスター:ポリウレタン
組み立て必要
保証可動部:2年間
可動部以外:3年間
販売会社株式会社pow

 

日本人の体格にフィットするサイズ

パームワークチェア公式ストアには「日本人のからだにも合う」と書かれていますが、サイズを見て納得しました。

座面のサイズが、平均よりちょっとだけ大きいくらいなのです。

一見すると大きく見えますが、一般的なオフィスチェアよりも2-3cmほど大きいくらい。

海外メーカーの高級メッシュチェアと比較しても、パームワークチェアのほうがコンパクトで日本人の体格にマッチしやすいサイズといえます。

欧米人より平均身長の低い日本人に合うサイズです。

海外のオフィスチェアは、座面の高さが日本人にとって高すぎることはよくあります。

その点、パームワークチェアは座面高さを44cmに設定できるため、裸足でもかかとが床に接地しやすいです。

 

パームワークチェア サイズ 

パームワークチェアはシートの位置を前後に調節できます。

シートを最後方にすると…

背もたれの中央からシート前方まで約42cmでした。

これは、コンパクトサイズのオフィスチェアと同じくらいの奥行きです。

小柄な人でも座りやすいサイズといえます。

 

くつろぎながら座るチェアではない

パームワークチェアは、ソファのようにくつろげるチェアではありません。

後傾姿勢でも座れますが、本領を発揮するのはロッキング(背もたれを倒さない)せずに、まっすぐに座る状態です。

まっすぐに、ふつうの姿勢で座ったときの腰のサポートはたまらなく心地いいですよ。

 

メリット・気になる点

パームワークチェア メリット デメリット

メリット

パームワークチェアのいちばんのメリットは腰がラクなところです。

ふつう、メッシュチェアは張地のたわみの影響でランバーサポート(腰部の支え)が効きません。

そのため、ランバーサポートクッションを付けたりするのですが、パームワークチェアはクッションなしでも十分に腰のサポートが効いています。

腰が支えられるため、S字姿勢を保ちながら座ることができるわけです。

座り心地だけでなく、デザインがいいのも大きなメリットです。カッコいいですよ。

気になる点

パームワークチェアはヘッドレストがありません。

オプションでも販売していません。

しかし、後傾姿勢でくつろぎながら作業をしたい人でなければ、それほど気にならないと思います。

先ほど解説したように、パームワークチェアはふつうの姿勢で座る状態が、最高に心地いいです。

まっすぐに座るなら、ヘッドレストは必要ありませんよね。

 

あと、アームレストの取り付けネジが1箇所というのは気になったポイントです。

一般的にネジは3箇所どめが多いのですが、パームワークチェアは1箇所だけで留めます。

そのため、ネジがゆるむとアームレスト自体がぐらつく可能性が出てきます。

1週間使用してみて、ゆるみは出ませんでしたが、気になったポイントです。

ネジがゆるんだら締め直せば解決するので、深刻なデメリットではないです。

 

寿命はどれくらい?

パームワークチェアにかかわらず、オフィスチェアは「品質」と「着座時間」によって寿命が違ってきます。

毎日8時間着座するのと、週に8時間だけ座るのでは、劣化のスピードは違いますよね。

品質はいい方がそれだけ長く使い続けられるのは、言うまでもありません。

 

パームワークチェアは高品質なうえ、BIFMA試験(JISより厳しい試験)をクリアしていますので、かなり長期間使えると推測できます。

着座時間の長さ次第ですが、5年以上は軽く使えるのではないかと。

 

なお、パーツのなかでもっとも劣化しやすいのは、座面(メッシュ)とガスシリンダー(上下昇降)です。

この2つさえ破損しなければ、5年どころか半永久的に使い続けられるということになります。

パームワークチェアとエルゴヒューマンを比較

メッシュチェアで人気のエルゴヒューマンと比較してみました。

なお、モデルはシリーズでもっとも安いエルゴヒューマンスマートと比較しています。

 

パームワークチェア エルゴヒューマン 比較

 

エルゴヒューマンスマートは、ランバーサポートが独立しているだけあって、腰のサポート力ではエルゴヒューマンスマートに軍配が上がります。

しかし、パームワークチェアも申し分なく腰のサポートは効いています。

どちらも疲れにくさにおいては差はありません。

なお、エルゴヒューマンスマートはアームレストが別売りです。

セット購入すると、パームワークチェアとほぼ同じ値段になります。

機能はどちらも同等です。

MEMO
クーポン利用、もしくはセール期間中はパームワークチェアのほうが安いです

大きな違いは意匠性(デザイン)

大きな違いは意匠性の高さと高級感でしょう。

パームワークチェアのほうがアルミを大胆に使っているぶん、高級感があります。

エルゴヒューマンスマートは、独特な形状で見た目の好みが分かれるのは否めません。

 

座り心地をレビュー

身長169cmの女性と身長180cmが座り心地を体感しました。

いずれも同じ座り心地のよさを体感できました。

 

腰のサポートが抜群

パームワークチェア 腰 フィット感

メリットで紹介したとおり、パームワークチェアは腰のサポートが効いています。

座った瞬間、

「気持ちいい〜」

と声が出てしまったほどです。

 

パームワークチェア 姿勢

背もたれの形状が腰まわりだけ前方にせり出ているため、自然とS字姿勢になります。

S字姿勢は身体に負荷がかかりにくいので、長時間のデスクワークでも疲れにくいです。

腰を押しつつ、背中をふわっと包むような感触です。

 

太もも、ひざ裏が痛くならない

パームワークチェア 座り心地

パームワークチェアは座面の奥行きを調節できるため、指2本分のすき間を空けた状態で座れます。

指2本分空いていると、ひざ裏を圧迫しません。

ひざ裏を圧迫して血流が悪くなるオフィスチェアは意外と多いので、高く評価できるポイントです。

また、シート前方にはウレタン樹脂が入っているため太ももを圧迫しません。

 

フィット感がとてもいい

パームワークチェア フィット感

ほどよいサイズで、背中が包み込まれるようなフィット感がとてもいいです。

大きくゆったり座るタイプのオフィスチェアとは一味違う心地よさを感じます。

 

調節機能のおかげで、2人ともジャストフィットしました。

 

座り心地の高評価ポイントまとめ

パームワークチェア 座り心地 評価

座り心地でラクに感じたポイントをまとめます。

写真で丸印を打った部分が、とくにラクに感じた部位です。

  • 太もも
  • お尻

この4点は長時間作業をするうえで、疲労度を左右する重要なポイントといえます。

これだけ評価できるポイントが揃っているのは、正直ちょっとめずらしいくらいです。

お尻はラクでも、腰のサポートが弱いチェアは世の中にたくさんありますからね。

 

パームワークチェア公式ストアはこちら

 

体圧分散は優れている?

体圧分散とは、局所に負荷をかけず、お尻全体で荷重を受け止めることをいいます。

つまり、体圧分散できるチェアほどお尻が痛くならないということです。

パームワークチェア 体圧分散

 

パームワークチェアは、ご覧のように赤色の面積が少なく、体圧分散に優れているといえます。

ウレタンフォームよりは体圧分散は劣る

体圧分散性能は、基本的にシートがメッシュよりもウレタンフォームのほうが優れています。

ですので、体圧分散するウレタンシートのオフィスチェアと比較すると、パームワークチェアのほうが劣る可能性があります。

メッシュにしてはパームワークチェアの体圧分散は十分高いですけどね。

 

首はラク?

パームワークチェア 首

パームワークチェアはラクな姿勢で座れるチェアですが、首まで姿勢が整うわけではありません。

とくに、首だけ前にいってしまうスマホ首の人は注意が必要です。

せっかくS字姿勢で座れるチェアですから、アゴを引くよう意識できるといいですね。

 

デザイン・品質・機能を検証

パームワークチェアのデザイン・品質・機能を検証しました。

 

デザイン

パームワークチェア デザイン

フレームが細く張地がメッシュのため、軽快な印象を与えます。

アーロンチェアやエルゴヒューマンのような重厚感のあるメッシュチェアとは対照的です。

座面裏にロッキング強弱ノブがないのも、スマートに見えるポイントの一つです。

筆者は数えきれないほどオフィスチェアを検証してきましたが、パームワークチェアは日本人が好むとてもオシャレなデザインだと感じます。

ゴツいメッシュチェアが多いなか、軽快なスタイルは高く評価できるポイントです。

個人的にめっちゃ好きなデザインです。

 

 

パームワークチェア デザイン 背面

ななめ後方から見ても、うつくしいデザインです。

 

パームワークチェア アルミダイキャスト

アームレストはアルミ製で背面でつながっており、高級感があります。

メッキのようなギラツキ感はありません。

 

パームワークチェア デザイン

背面にはロゴがあります。こまかな部分への配慮が感じられ、いかに本気で開発に取り組んだかうかがえます。

 

パームワークチェア リビング

リビングに置いてみました。

部屋に自然と溶け込みます。

スッキリしたフォルムは、どんな部屋にも合わせやすいと感じます。

ホワイト色なら、もっと部屋に馴染むでしょうね。

 

パームワークチェア公式ストアでホワイトカラーを見てみる

 

機能

パームワークチェア 機能

機能説明
高さ調節座面の高さを変えられる
シート前後調節前後方に調節できる
アームレスト調節高さ、左右、前後調節可能
オートバランスロッキング体重感知により自動でロッキング強弱が決まる
ロッキング固定リクライニングした状態で固定できる
背もたれ高さ調節上下に高さ調節できる

チルト機能は付いていないため、前傾・後傾で作業しやすい状態には調節できません。

ただし、姿勢を正した状態で身体にジャストフィットする調節はすべて揃っています。

 

これだけ機能があれば十分です。

 

機能についてくわしく見てみる

 

パームワークチェア レバー操作

高さ調節とシートの位置調節はレバーで簡単にできます。

 

張地

パームワークチェア 生地

張地はポリエステルのメッシュ素材で、滑りにくい特徴があります。

滑らないことをデメリットに挙げているメディアもありますが、当サイトではむしろメリットに挙げたいくらいです。

なぜなら、座すべりしないからです。

座っているうちにお尻が滑って前に移動してしまうと姿勢が崩れます。

滑りにくいからこそ、姿勢が安定するのです。

 

 

張地はたわみがなく、しっかりピンと張ってあります。

安いメッシュチェアはユルユルですぐにたわみますが、パームワークチェアはそのようなことはありません。

精度の高さを感じます。

 

座面

パームワークチェア 座面

座面は前方が垂れ下がり、中央がややふくらんでいる形状です。

腰深く座りやすい形状といえます。

前垂れした形状なので、太ももを圧迫しません。

腰深く座れば、腰のフィット感が強まり正しい姿勢で座れます。

 

パームワークチェア 座面

シートの下は空洞になっているので、写真の矢印の部分にホコリが溜まりやすいです。

しかし、この点はオカムラやハーマンミラーなどブランドの高級チェアでも同じことがいえます。

こればかりは構造上、仕方ないんですよね…

 

背もたれ

パームワークチェア 背もたれ 形状

背もたれは大きく、180cmの男性が座っても肩の上まで高さがあります。

 

パームワークチェア 位置調節

背もたれは7段階で5cm高くできます。

この機能によって、よりゆったり座れるようになるということはありません。

どちらかというと、腰のサポート位置を調節するための機能だと感じました。

腰のフィットが強く感じる位置に調節できます。

 

 

パームワークチェア 手かけ

背もたれの上部にちょうど手を掛けられました。

手を掛けて、動かしやすいです。

 

ロッキング

パームワークチェア ロッキング

背もたれは130度までロッキング(リクライニング)します。

4段階で固定できるため、休憩する際にロッキング固定して上半身を伸ばすと、リフレッシュできます。

なお、ロッキングの強弱は座った人の体重を感知して自動で強さが決まるオートロッキングとなっています。

いちいちロッキングノブを回して強弱をつけなくていいのでラクです。

 

アームレスト

アームレストは本体に合うデザインで、一体感があります。

真横でなく、背面後方から斜めに取り付いているところがカッコいいです!

 

パームワークチェア アームレスト

腕を置くことで、肩にかかる負荷を軽減できます。

長時間座るほど、アームレストのありがたみが分かります。

肩こり持ちにはうれしいポイントです。

 

パームワークチェア 高さ調節

自分に合う高さに調節できます。

最小高56cmから、最大高さ66cmまでの範囲で調節できますので、低身長から高身長まで幅広くフィットしますよ。

 

パームワークチェア アームレスト パッド 硬さ

パッドの素材はポリウレタン樹脂です。

ナイロン樹脂と違って、熱と冷たさを感じにくいメリットがあります。

 

パームワークチェア アームレスト 操作

写真のとおり、アームレストは上下左右・前後に位置調節できます。

これだけ調節できるなら十分です。

なお、調節する際はやや硬く感じます。

腕を置いているうちに簡単にズレてしまうくらいなら、多少調節が硬いほうが都合はいいです。

 

アームレストは座ったまま調節できます。

 

 

パームワークチェア アームレスト フレーム

アームレストのフレームはアルミ製で高級感たっぷりです。

 

注目ポイント

パームワークチェア アームレスト デスクの下

アームレストがデスクの下にすっぽり収まります。

これはかなり便利です。

デスク下に収納できれば、部屋の動線をジャマしませんし、見た目もスッキリします。

アームレストがデスクに当たって収納できないオフィスチェアは意外と多いんですよ。なので、これは高評価ポイントです。
MEMO
いちばん低い位置で床から56cmまで下がるので、一般的な規格のデスク(H70~72cm)なら確実に収まります。

 

関連記事
自宅OK。オシャレでオススメのテレワーク用デスクを家具専門家が厳選

 

脚ベース

パームワークチェア 脚フレーム デザイン

角がないため、足をぶつけてもケガしにくい形状になっています。

 

パームワークチェア 脚フレーム 耐久性

脚ベースの裏側を見たところ、リブ(補強)がしっかり入っていました。

重量制限が136Kgという丈夫さに納得です。

 

キャスター

パームワークチェア キャスター

キャスターは直径60mmで上部カバーのないデザインです。

車輪はポリウレタンなので床を傷つけにくいメリットがあります。

 

品質は?

パームワークチェア 品質

パームワークチェアの品質はとてもいいです。

樹脂の仕上げをみても、精度の高さを感じました。

樹脂の精度がとても高く、安っぽさをまったく感じません。

 

パームワークチェア 品質

本体でもっとも負荷がかかるシートも、ていねいに座カバーに取り付けられています。

 

パームワークチェア 品質

アルミ部分もキズやへこみの症状はありませんでした。

 

耐久性の高さ

パームワークチェア 耐久性

パームワークチェアの重量制限は136Kgとなっています。

一般的に、オフィスチェアの耐荷重は80Kg~100Kgくらいなので、かなり頑丈といっていいでしょう。

JOIFAの安全性評価基準に準じているかは不明ですが、BIFMAの強度試験をクリアしている点は評価できます。

BIFMA(アメリカ)の強度試験は、JIS規格の試験より厳しいです。

 

検証結果:コスパはいいのか?買って満足できる?

パームワークチェアは安くありません。

しかし、価格以上の価値を十分に感じられるスペックであると高く評価できました。

コスパはとてもいいといえます。

多くのオフィスチェアを検証してきた筆者の正直な感想です。

返品保証がある

購入してどうしても合わない場合、120日以内なら返品できる保証が付いています。

オフィスチェアの返品保証はとてもめずらしいです。それだけ自信を持って販売している証でしょう。

 

返品保証についてくわしく見てみる

 

パームワークチェアはこんな人におすすめ

パームワークチェアは以下のような人におすすめです。

  • 腰に負担をかけずデスクワークしたい
  • 長時間座っていたい
  • オシャレでコスパのいいオフィスチェアがほしい
  • メーカーの高級オフィスチェアが欲しいけど予算はかけたくない

腰がラクなので、長時間座っていても疲れにくいのはパームワークチェアならではの魅力です。

サイズ調節を細かくできるため、どんなサイズのチェアが合うか悩んでいる人も、ぜひチェックしてみてください。

自分にフィットする高さに簡単に調節できますよ。

 

また、オフィス家具メーカーの高級オフィスチェアが欲しいけど、予算はそこまでかけたくない方にもおすすめです。

価格のわりに高級感があるので、実物を見るとコスパの高さを感じますよ。

軽やかな見た目と軽快にフィットする座り心地は、女性ワーカーにもおすすめしたい1脚といえます。

 

パームワークチェア公式ストアはこちら

 

おすすめしない人

残念ながらおすすめしない人は、以下のタイプになります。

  • 185cm以上のガッチリ体型の人
  • ゆったりと後傾姿勢でデスクワークをしたい人

パームワークチェアのサイズは、けっして大きくありません。

そのため、大柄な人が座ると座面がきゅうくつに感じる可能性があります。

 

筆者は180cmで体重83Kgありますが、きゅうくつには感じませんでした。

しかし、これ以上大柄だときゅうくつに感じるだろうという見解です。

 

また、パームワークチェアは後傾姿勢でゆったりと座るのには向きません。

前傾でもなく、ふつうの姿勢で座るのに最高のパフォーマンスを発揮するチェアです。

普段から、ふつうの姿勢で座る人には超最適ですよ。

組み立ては簡単?

組み立てはとても簡単です。

正直、

「たったこれだけ?」

と思うくらいラクに組み立てできました。

 

パームワークチェア 梱包

写真の状態で届きます。

 

パームワークチェア 部品

パーツは全部でこれだけです。

座裏金具はシートに取り付いた状態になっています。

 

パームワークチェア 部品

ネジを取り付ける箇所は、全部でたったの5箇所です。

 

パームワークチェア 組み立て

ネジの取り付け位置に迷うことがないほど簡単です。

 

 

パームワークチェア 組み立て

背もたれの取り付けは、椅子の上に置いたら作業しやすかったです。

15~20分くらいで完成します。

パームワークチェアの評判と口コミ

パームワークチェアの評判と口コミについて、公式サイトから引用して紹介します。

 

とにかく多機能です。可動部分が多く、個人的には手すりが前後左右に動く部分がお気に入りです。またロッキングがある点もチェアを選ぶ上では必須要件だったので嬉しいです。 なのにパーツは少なく、ネジはなんと5つだけで組み立てが30分ほどで終わった点もプラスポイントでした。

 

元々1万円のワーキングチェアを使っていましたが、差が歴然でした。太ももへのフィット感とちょうど良いシートの反発感で腰への負担が減り、長時間在宅をしても腰が痛む事が無くなりました。 またリクライニングや座面の前後移動が細かくできるため、その日その日自分に合った体勢での仕事ができるため、週3の在宅勤務も捗りそうです。

 

リモートワークで長時間(4時間以上継続して)座っていても全く疲れがなく驚きました。特に椅子が腰を支えてくれている感じが疲労の軽減につながっている気がします。

 

予想はしていましたが、パームワークチェアの口コミはとてもいいものが多いですね。

数あるコメントでもっとも目立ったのが「腰がラク」です。

当サイトでも徹底的に検証した結果、形状と構造によって腰に負荷をかけない設計であることを確認しています。

悪い口コミは?

粗探しするわけではないですが、ネットで調査したところ悪い口コミは見当たりませんでした。

実際に、オフィスチェアにはうるさい筆者も満足できましたし、致命的な悪い口コミがなくても不自然なことではありません。

満足できる1脚だと断言できます。

 

パームワークチェアの口コミをもっと見てみる

 

パームワークチェアはどこで買える?

パームワークチェアを購入できるのは公式ストアのみです。

楽天市場などモールでは販売していません。

 

パームワークチェア公式ストアはこちら

 

 

パームワークチェアをお得に買う方法

パームワークチェアをもっとも安く買う方法は、クーポンコードを利用して購入することです。

当サイト限定のクーポンコードがありますので、ぜひご利用くださいね。

5,000円安く買えますよ。

クーポンコード(会計画面で入力)
KAGUCOMPASS
注意
・有効期限は未定です
・他のクーポンと併用できません

 

クーポンを利用して安く購入する

 

セール期間中はさらに安く買える

公式ストアでセールを開催している場合、クーポンコードを利用するよりも安く買えます。

なかなかセールは開催しませんが、10%引きで購入できるため、かなりお得です。

セール期間中は、記事の冒頭で紹介します。

まとめ:姿勢がラクなチェアは長時間作業にも最適です

パームワークチェア、いい意味で期待を裏切ってくれました。

「これほど腰がラクだとは…」

姿勢が自然とS字姿勢になることで疲れにくくなり、長時間のデスクワークにも挑めます。

非オフィス家具メーカーのオフィスチェアは正直好まない筆者が、納得した1脚です。

パームワークチェア、おすすめです!

 

 

パームワークチェア公式ストアはこちら