【9/30まで】有名マットレスが15%OFF! 限定クーポンはコチラ

【メーカー厳選】テレワークにオススメのメッシュバックチェア11選

有名メーカーのオススメのメッシュチェア

自宅で作業することが増えてきた昨今、さまざまなオフィスチェアが注目されています。

なかでも人気なのが「メッシュバックチェア」。

メッシュバックチェアは背もたれがメッシュで、座面がクッションのタイプを指します。

 

本記事ではメッシュバックチェアでおすすめのモデルを家具マーケターがご紹介します。

自宅用にメッシュバックチェアが人気の理由

オススメのメッシュチェア

背もたれがメッシュで、座面がクッション(ウレタン)のメッシュバックチェアは、

『軽やかなデザイン』『座りやすく背中が蒸れにくい』

という点が人気の理由です。

また座面もメッシュのモデルに比べて価格が安いのも特徴の一つです。

メッシュバックチェアのデメリット

メッシュバックチェアはメリットがある反面、デメリットも存在します。

しかしデメリットがあるからといって、『これならメッシュはやめた方がいい』という決定的なデメリットはありませんのでご安心ください。

メッシュバックチェアのデメリット
・クッションタイプに比べてランバーサポート(腰部の支え)が弱い
・通気性が良いため、冬は背中がひんやり感じる

メッシュバックチェアは構造上、クッションタイプに比べて腰あたりのサポートが弱めです。

腰あたりのサポートがしっかり欲しいなら、ランバーサポート(背面に付いている腰を支えるパーツ)付きのチェアを選ぶと良いでしょう。

背もたれがクッションのタイプに比べて、熱が逃げやすく冬はひんやり感じやすいのもデメリットの一つ。

ただ夏は涼しいのでメリットになるともいえます。

 

メッシュチェア(背・座メッシュ)と、メッシュバックチェア(背メッシュ・座クッション)の経年劣化による特徴は下記のとおり。

経年劣化による症状 メッシュ クッション
座面 テンションが緩んでくる ヘタる(薄くなる)
背もたれ テンションが緩む可能性がある ヘタる可能性は低い
座り心地 テンションが緩むほど硬く感じる ヘタるほど硬く感じる

 

有名メーカーのメッシュバックチェアは無名メーカーに比べて安心

有名メーカーのチェアはノーブランドのように、

「安いけど大丈夫かな?」という不安は少なくて済みます。

ノーリー

ネットで調べるとメッシュチェアはノーブランド含めると沢山の種類が出ますが、今回ご紹介するメッシュチェアは全て有名メーカーから厳選しています。
メーカー 特徴
オカムラ 日本トップクラスの家具メーカー
イトーキ 優れたデザインの家具を作るトップクラスのメーカー
コクヨ 知らない人はいないほどの有名メーカー
PLUS 海外メーカーとのコラボも多い大手メーカー
アイリス 低価格帯で使いやすい家具を展開
コイズミ  コスパの良い家具が多い
サンワサプライ 価格重視の家具がメイン

 

有名メーカーでオススメのメッシュバックチェア

イチオシ

コイズミ:JG6

座面 ウレタン
背面 メッシュ
サイズ 脚幅68.5 座幅65.5~95 高さ110.8~120.7(座面まで43~52)cm
ココがオススメ!
・肘を後ろに倒して収納できる
・最大角度40度までロッキングできる
・高級感のあるアルミダイキャスト脚
・座面は耐久性の高いモールドウレタン
・座面は前後にスライドできる
・ハンガー付きで服を掛けられる

 

スペック(機能)が充実しており価格以上の価値を感じられるコイズミのJG6。

コイズミは名の知れた日本のメーカーで、オフィスチェアや人気の学習チェアを製造しています。

このチェアは『作業に適したチェア』として使いやすさに配慮した機能が充実。

高さの変更、座面の前後調節はもちろん、肘の位置を調節できるなど使用する人に合わせやすく調節できるのが魅力です。

 

背中を後ろに倒すロッキングは最大40度まで可能。ゆったりもたれることができます。

座面の位置を一番前方までずらして、ロッキングししながら背筋と足を伸ばすと思いきりリフレッシュすることも。

ただし、リクライニング途中段階で固定はできませんので注意しましょう。

ノーリー

仕事モードとリラックスモードが両立できる素晴らしいメッシュバックチェアですよ。

 

 

コクヨ:エントリー

座面 ウレタン
背面 メッシュ
サイズ 幅67 奥行き57 高さ94~103.5(座面まで41.5~51)cm
ココがオススメ!

・シンクロロッキングでリクライニングがラク
・腰あたりを支えるランバーサポート付き
・座面は身長に合わせやすい前後スライド式

コクヨのエントリーは他記事でもご紹介していますが、デザイン、機能の面で良くできたメッシュバックチェアです。

まず「座面の前後スライド機能付き」はこの価格帯では、なかなかありません。

座面をスライドできるので、

『座る人の体格に合わせやすい』

『作業に適した姿勢を維持しやすい』

というメリットがあります。

ノーリー

コクヨはけっして安くありません。しかしこの「エントリー」はデザイン、機能ともに優れたコスパの良いメッシュバックチェアです。

 

PLUS:M01チェア

 

座面 ウレタン
背面 メッシュ
サイズ 脚幅62.3 座幅47.5 高さ93.5~103(座面まで42~52)cm
ココがオススメ!
・腰を支えるランバーサポートはクッション付き
・リクライニングしやすいシンクロロッキング
・シャープな脚ベースがスタイリッシュ

 

M-01はオフィス家具メーカーの大手『PLUS』のメッシュバックチェアです。

本モデルはシンプルなデザインですが、クッション付きのランバーサポート、シンクロロッキング、ヴォリューム感のある座面クッションとスペックが充実。

抑えるべきポイントをしっかり抑えておりコスパに優れています。

 

国産メーカーのPLUSの中でもお値打ちでおすすめのメッシュバックチェアですが、購入できる通販は限定的なのがデメリットです。

 

イトーキ:サリダチェア

座面 ウレタン
背面 メッシュ
サイズ 幅61.5 奥行59 高さ89~98(座面まで41~50)cm
ココがオススメ!
・コンパクトでもしっかりした座り心地
・リクライニングしやすいシンクロロッキング機能

 

イトーキは素晴らしいワークチェアを作る老舗の大手メーカーですが、比較的お値段も高めです。

そんな中、このサリダチェアは価格もお値打ちで座り心地も良い優秀なメッシュバックチェアです。

コンパクトサイズではありますが、しっかりとした座り心地で座面のクッションも密度が高く快適な座り心地を体感できます。

コンパクトとはいえ身長180cmの私も問題なく使用できるサイズ感です。

 

アイリス:シンフォート

座面 ウレタン
背面 メッシュ
サイズ 幅58.5 奥行55.5 高さ83~90.5(座面まで40.5~48)cm
ココがオススメ!
・座面クッションはへたりにくいモールドウレタン
・ヴォリューム感があるデザイン

アイリスは家電、雑貨など様々な分野の商品を販売していますが、オフィス家具も作っています。

シンフォートチェアはスッキリとしたデザインながら座面がモールドウレタンで長期間使用してもクッションがへたりにくいメリットがあります。

座面の高さは一番低い位置で40.5cmから調節できるので小柄な方にも使いやすいサイズ感です。

 

オカムラ:VCM1

座面 ウレタン
背面 メッシュ
サイズ 幅64.4 奥行64.4 高さ89~98.6(座面まで43.5~53.1)cm
ココがオススメ!
・座面は幅広でゆったり座れる
・リクライニングしやすいロッキング機能付き
・高級感のあるクロムメッキ脚

 

名作チェア、コンテッサを作った有名メーカーのオカムラ。

オカムラは日本だけでなく世界的にも有名な家具メーカーです。

そんなオカムラの中でお値打ちなメッシュバックチェアがこのVCM1。

座面の幅が50cmと広めなので大柄な方でも座りやすいメッシュチェアです。

機能面はシンプルですが、品質面はさすがオカムラ。

しっかりとした作りで人気のモデルでもあります。

 

アイリス:H-935L

座面 ウレタン
背面 メッシュ
サイズ 幅59 奥行65 高さ107~115(座面まで44~52)cm
ココがオススメ!
・ハイバックでゆったり座れる
・座面は通気性が良い張り地を採用

ハイバックでゆったり座りたい方に適したメッシュバックチェア。

身長にもよりますが首あたりまで支えてくれる背もたれ、大きめサイズの座面は大柄な方にとっても使いやすいチェアです。

Amazonのレビュー件数が1,400件以上あるというのも驚きです。

ノーリー

価格が安くて人気のメッシュバックチェアです。ただ座面の一番低い高さが44cmなので小柄な方は素足で座ると足が床に接地しない場合も。ご注意ください。

 

アイリス:H-298F

座面 ウレタン
背面 メッシュ
サイズ 幅55 奥行56 高さ86~98(座面まで43~55)cm
ココがオススメ!
・お値段が魅力的な価格重視のメッシュチェア
・カラーは8色から選べる
・ランバーサポート付き

価格が魅力のメッシュバックチェアはやはり根強い人気があります。

本モデルは機能は座面が上下に動く昇降機能と、背もたれが後ろに倒れる背ロッキングのみととてもシンプル。

しかし作業や学習など問題なく使用できますし、価格のわりにコスパはとても良いと感じます。

ノーリー

座り心地より価格重視の方におすすめのチェアです。

コイズミ:JG4チェア

座面 ウレタン
背面 メッシュ
サイズ 幅65.5 奥行61 高さ95~104(座面まで44~53)cm
ココがオススメ!
・座面は耐久性の高いモールドウレタン
・スタイリッシュな高脚フレーム

本モデルの最大の魅力はヴォリューム感のあるしっかりとした座面クッション。

『モールドウレタン』で耐久性が高く、長期間の使用でもへたりにくいのが特徴です。

キャスターも一般的なデザインではなくタイヤのホイールのようなホイールキャスター。

細部までこだわりを感じます。

注意
・肘はオプションです。肘なしと肘付きの価格は異なりますので注意してください

 

サンワサプライ:150-SNCM020

 

座面 ウレタン
背面 メッシュ
サイズ 幅61 奥行61 高さ110.5~122.5(座面まで43~51.5)cm
ココがオススメ!
・肘付き、ヘッドレスト付きで驚きの低価格
・座面は耐久性の高いモールドウレタン
・肘、ヘッドレストは可動式で調節できる

 

サンワサプライは机まわりのアクセサリーなどを中心に販売する日本のメーカーですが、家具も製造販売しています。

全般的に価格が安く、価格重視の方におすすめのメーカーです。

このメッシュバックチェアも肘付き、ヘッドレスト付きで驚くほどの安さ。

座り心地は硬めなのでゆったり座ってくつろぐようなチェアではないですが、しっかり座って集中して作業に取り組む方に適したチェアです。

アームとヘッドレスト付きはくつろぎやすいため、長時間でも快適に作業できるメリットがあります。

 

イトーキ:YL-3

座面 ウレタン
背面 メッシュ
サイズ 幅65.5 奥行65.5 高さ87~95.5(座面まで44~52.5)cm
ココがオススメ!
・肘が11段階で調節可能
・ミドルバックで圧迫感をあまり感じさせない
・安心のイトーキ 品質

 

イトーキのチェアは価格が安くても品質管理、強度試験をしっかりと行っており安心感が違います。

このYL-3はイトーキにしてはお得な価格設定が魅力です。

座面の幅は広めで座りやすく、背もたれはメッシュ素材でミドルバックなので圧迫感を感じさせません。

またアームが付いており11段階で調節することが可能。

アーム付きは腕が疲れにくく、長時間座っても肩がこりにくいですよ。

 

まとめ

メッシュバックチェアは軽やかなデザインなので、会社だけでなく自宅でも使いやすい魅力があります。

見た目だけでなく実用性にも優れたメッシュバックチェアで快適に作業しましょう!

 

関連記事
本気でオススメのオフィスチェアをプロが厳選!

いつかは欲しい!一流メーカーの高級デスクチェアおすすめ10選

テレワークに最適。一流メーカーのお値打ちオフィスチェアおすすめ11選。